掲載ゲーム数
45,101タイトル!
会員数
3,240,727人!

新作ソフトをダウンロードで購入、”Wiiウェア”プレイレポート

ローリング内沢のゲーム イズ ノット オーバー

- Game is not Over -

ステージ142:新作ソフトをダウンロードで購入、"Wiiウェア"プレイレポート


2008年4月11日(金)更新分

みなさん、もちろん知ってますよね? Wiiの"ショッピングチャンネル"でダウンロード購入できるWii専用ソフト、"Wiiウェア"。

3月25日からサービスがスタートしましたが、すでにソフトを購入して楽しんでいる人っています?

ちなみにサービススタート時に配信されたのは下記の9タイトル。このうち、『天使のソリティア』と『みんなのポケモン牧場』以外の7タイトルは実際に遊んでみましたので、今回は、そのプレイレポートをお届けしたいと思います〜。

■500Wiiポイント
お気楽ピンポンWii』(アークシステムワークス)
『天使のソリティア』(Gモード)

■800Wiiポイント
Star Soldier R』(ハドソン)

■1000Wiiポイント
ことばのパズル もじぴったんWii』(バンダイナムコゲームス)
サクサク アニマルパニック』(コナミデジタルエンタテインメント)
Dr. Mario & 細菌撲滅』(任天堂)
『みんなのポケモン牧場』(ポケモン)
LONPOS』(元気)

■1500 Wiiポイント
小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル』(スクウェア・エニックス)

まず、今回いちばん低価格の『おきらくピンポンWii』。なんとたった500Wiiポイント(500円)で購入することができちゃいます。いわゆるオーソドックスなピンポンゲームでして、シンプルながらもラリーの爽快感、左右に打ち分ける戦略性などが楽しめるんですが……奥は浅く、ステージ数やキャラクター数も少ないです。細かい遊びにくさも目立つんですけど、500Wiiポイントでこの内容ならまずまず納得な印象でした。

『Star Soldier R』はスコアアタックモードがメインのシューティングゲーム。シューティング特有の爽快感もあり、自分なりの攻略法や、テクニックを見つけていく作業が楽しいです。Wi-Fiランキングも熱く、『スターソルジャー』ファンやシューティングゲームファンにはオススメかな。

『ことばのパズル もじぴったん Wii』は、文字を繋げて言葉を作っていくパズルゲーム。適当に文字を置いても何かしらの単語が生まれるので、その意外性のある爽快感が非常に心地よいです。ステージ数も豊富だし、これで800Wiiポイントは非常にお得。遊びやすさも抜群で対戦も楽しいです。

そして『サクサクアニマルパニック』は、柵を作って動物たちを仕分けていくパズルアクション。ゲーム性は悪くないんですけど、キャラクターの動きはちょっと違和感があるし、アイテムの効果などもわかりにくい。説明不足な部分が多く、遊びにくさが目立った作品でした。うーん、ベースは面白いだけに残念。

『Dr.Mario&細菌撲滅』は、お馴染みの『Dr.Mario』と、『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』に収録されていた『細菌撲滅』がひとつになった作品。『Dr.Mario』はゲームシステムに変わりはないんですけど、通信対戦できるのが嬉しい! また『細菌撲滅』は最大4人で遊べるのでパーティゲームとして最適。Wiiリモコンを使った直感的な操作感覚も新鮮でした。

で、『LONPOS』は、土台となるボックスに12種類のブロックを回転、反転させて隙間なく埋めていくパズルゲーム。誰でもが楽しめる内容ですけど英語表記が多かったり、またプレイモチベーションを保つ要素が少なかったりと、細かいところで遊びにくい。値段設定がもう少し安ければ嬉しかった気も。

最後は『小さな王様と約束の国 ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』。一応ジャンルはRPGとなっていますが、一般的なRPGとはちょっと毛色が異なり、どちらかというとシミュレーションゲームに近いかな。国を発展させていくために、民家や武器屋などの建物を造り出していくという内容で、(ゲーム内の)1日の作業が10分程度で終わるテンポの良さが心地よく、ついついチマチマと遊んでしまいます。一般的なRPGは戦士が主人公だけど、これは王様が主人公。戦士に命令してモンスター退治に行ってもらったりと、王様視点でゲームが進むのがちょっと変わっていて楽しかったです。

とまあ、Wiiウェアは価格の安さがウリのひとつなんですが、そのぶん作りが甘い作品も多かった印象。価格が安いぶん、開発費にお金を掛けられないのはわかるんですが、遊び手としては、「もう少し丁寧に、遊びやすく作ってほしいなあ」という印象も。

ローリング内沢

とはいえ、パッケージ商品ではないので在庫を抱えるリスクがなく、また価格設定も幅広く対応できるので、今後さまざまなアイデア重視の作品がここから生まれそう。まだ、サービスがスタートしたばかりなので今後の展開に期待ですな!

ローリング内沢

1970年、東京生まれ。ライター、エディター、コラムニスト、ゲーム批評家。ゲーム情報誌『週刊ファミ通』、『ファミ通Wave』(ともに株式会社エンターブレイン)の編集者を経て、2000年よりフリーとして活動。得意分野はゲーム、クラブミュージック、グラフィックデザインなど。また趣味が高じて、クラブDJとしても暗躍中。

ライター経歴

ローリング内沢

ローリング内沢

1970年、東京生まれ。ライター、エディター、コラムニスト、ゲーム批評家。ゲーム情報誌『週刊ファミ通』、『ファミ通Wave』(ともに株式会社エンターブレイン)の編集者を経て、2000年よりフリーとして活動。得意分野はゲーム、クラブミュージック、グラフィックデザインなど。また趣味が高じて、クラブDJとしても暗躍中。

Wazap!トップページ

iOS(iPhone) アプリ


Android (アンドロイド) アプリ


PCゲーム


やはりゲームでも俺の青春ラブコメはまちがっている。 ...


Wii/Wii U/Switch


DS/3DS


PS3/PS4/PSVR


PSP/PSV


XBOX 360/XBOX ONE