わたしの体験談を話します。
フルーツ村(わたしの村)には、タンタンというクマの女の子がいました。その子はとても仲のいい住人だったのですが、ある日突然引っ越してしました。わたしはとってもがっかりしていました。
しばらくたったある日。どこから来たのかわかりませんが、あのタンタンがフルーツ村に引っ越してきたのです。そこで話しかけると、
       「やっほー、あんた見ない顔ね」
というようなことを言われました(そして名前を聞かれた)。まぁ、冷静に考えると当たり前のことなのですが、そのときはとてもショックでした。あんなに仲がよかったのに…。

今の例はまだわかります。ですが、次は悲しかったです↓。

やっぱり仲がよかった住人である、リスの女の子ももこは、ともだちの村へと引っ越していき、その後わたしの村へまた引っ越してきましたが、やっぱり忘れられていました。ですが、他のともだちで「住人が戻ってきたときは覚えていてくれた」という人もいました。忘れられてしまうのは私だけなのでしょうか?このももこの場合は、絶対に同じももこであるはずなのに…。

みなさんも、もし機会があれば自分を知っているかどうか話しかけてみてください。忘れられていないことを願います。

結果

同じ住人のはずなのに、忘れられるかも・・・


関連スレッド

ぼくの村に遊びに来てください条件なしで何でもあげます
フレンド交換・フルーツ交換
きゃらめるプラネット in おい森

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(6人) 立たなかった

100% (評価人数:6人)