『文豪とアルケミスト(文アル)』攻略!
「直木三十五(なおきさんじゅうご)」の入手方法(レシピ)やステータス、キャラ詳細情報をまとめています。
文アル攻略の参考にしてください!



直木三十五(なおきさんじゅうご)
※ステータスは初期値と()内に最大値を記入予定
No.49
CV:近藤隆
レア
派閥なし
武器
精神安定
ステータス
攻撃97()防御117()
回避10()技術43()
天才46()40()
主題40()真実40()

代表作
『合戦』『南国太平記』『楠木正成』

キャラ紹介
「オレの手にかかれば一瞬だぜ、期待していいぞ」(CV:近藤隆)
毒舌で気まぐれな、独特の感性を持つ男。
何事にものんびりとマイペースを崩さないのだが
執筆速度はやたらと早く、短い作品ならば一息で書き上げてしまう。
かつてはその速筆を活かしてこともあるらしい。
菊池寛にはかなりの大金を借りていたとのこと。

回想
有碍書文豪発生
ち「檸檬」芥川龍之介
ろ「恩讐の彼方に」菊池寛戦闘前
回想一覧はこちら

ドロップ
現在ドロップ入手不可

有魂書
イベントで入手可能
有魂書研究「直木三十五に関する研究」
洋墨時間
40002:12:00


おすすめレシピ
文豪洋墨
※準備中
レシピ一覧はこちら

人物詳細
1891年2月12日ー1934年2月24日

現在エンターテインメント系の作品に与えられる「直木賞」の由来となった人物。

本名は植村宗一。
早稲田大学高等師範部英語科へ進学するも月謝未納により中退。
しかし中退後も早稲田大学へは登校し続けており、卒業記念写真の撮影にも参加している。

1923年にプラトン社に勤務し『苦楽』の編集に当たり、以後は時代小説を書くようになる。
1925年、マキノ・プロダクション主催のマキノ省三家に居候する。
マキノ省三に取り入り、映画制作集団「聯合映畫藝術家協會(れんごうえいがげいじゅつかきょうかい)」を結成して映画製作にのめりこむ。
1927年、マキノに出資させて製作した映画群が尽く赤字に終わり映画界から撤退した。
1929年、『由比根元大殺記』で大衆作家として認められた。
直木作品を原作とした映画は多くあり、『黄門廻国記』は『水戸黄門』の原作である。

1931年、お由羅騒動を描いた『南国太平記』を発表。

1934年2月24日、結核性脳膜炎により43歳で死去。
命日は作品にちなんで「南国忌」とされた。

ペンネームの直木三十五について、31歳の時に「直木三十一」の筆名を使ったのが始まりで、以降誕生日を迎えるごとに「三十二」、「三十三」と名前を変えていた。
「三十五」以降は改名しておらず、
「三十六計逃げるに如かず」と茶化されるのが嫌だったこと、
菊池寛から「(年齢と共にペンネームを変えるのは)もういい加減やめろ」と言われたことが理由だとされている。

※参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/直木三十五


関連スレッド

【文豪とアルケミスト】雑談スレッド
【文豪とアルケミスト】フレンド募集スレッド
【文豪とアルケミスト】質問スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(2人) 立たなかった

100% (評価人数:2人)