1615年 大坂夏の陣
毛利勝永隊が壊滅しもはや大坂方の勝利は無いと思われた、
その時、奇跡が起こった。豊臣秀頼が自ら出陣したのだ、そして真田幸村を部隊長とした1万5千の軍団が徳川家康の本陣に突撃した、
 岡山口を突破した時にはおよそ五千の兵士を打ち取っていた真田幸村の被害は一千ほどだった。
その頃伊達政宗の軍団に大野治長率いる五千の兵士で突撃していた。しかし伊達政宗の率いる騎馬鉄砲隊に散々打ちのめられていた。乱戦の中で大野治長が討ち死にした。その後も部隊長が討ち死にしても大野隊は突撃を繰り返すが鉄砲隊に打たれて大野隊は1時間で五千の兵士が全滅した。こうして伊達政宗VS大野治長は伊達政宗の圧勝だった。
真田幸村は井伊直政の部隊を突破した、豊臣秀頼はその時に井伊直孝を打ち取っていた。勢いがあった真田幸村の隊は徳川秀忠との戦いで正面突破をの作戦を立て突破するも兵士を八千ほど失いつつ突撃を続けた真田幸村の隊はあと六千ほどだった。
真田幸村の戦いは勝利を収めたが各地の戦いは敗北ばかりだった。後藤又兵衛が五千の兵士を率いて本多忠朝六千と激戦を繰り広げていた時に背後から真田信吉率いる四千の部隊が突撃した挟み撃ちとなった後藤隊は総崩れとなった。
真田幸村は家康の本陣を目指してまっしぐら!しかし移動中に悪夢が家康の本陣から真田隊に向けて大砲を打ちまくった。
この攻撃で五千の兵士が討ち死にした。
しかし家康の本陣は目の前にあった。
幸村『家康!お命頂戴いたす』家康『な、なんともうここまで突破されたか。』兵士『ウア〜』幸村『敵将打ち取ったりぃ』
家康『くっややられた真田幸村日の本一の兵なり』
こうして戦いは大阪方の大勝利で幕を閉じた。