TACK(現ゴリッチュ)の代表的なフリーゲームです。
 大都市の令嬢が大昔の英雄を召喚して町のために戦ってもらう、というストーリーです。ストーリーは全12話に分けられ、選択肢による分岐などはなく一本道の物語を楽しむ形式です。全体的にギャグ調の会話が展開され、中盤まではサブストーリーというギャグ一色のエピソードまで用意されています。主人公ニトスはゲーム開始時には記憶喪失ですが、ストーリーが進むにつれ召喚される前の記憶を取り戻していきます。すべてが明らかになった後、ニトスがどのような行動をとるのか、というのが最大の見どころです。
 戦闘はコマンド式で、初代ドラクエのような1対1の戦闘のみです。

良い点

ストーリー
 基本的には先程述べたとおりです。ギャグテイストのノリが嫌いでなければ楽しめると思います。

アクションシーン
 コマンド入力の戦闘以外にアクションシーンが挿入されることがあり、ドットのちびキャラがグリグリ動きます。ギャグシーンでも豊富なドット絵が見られますが、アクションシーンではとても臨場感があります。

悪い点

戦闘システム
 ターン制のシンプルな戦闘です。運に左右されにくい仕様になっており、システム単体で見ると悪くない印象です。しかし、シンプル故に単調すぎる、戦闘ごとのテンポが悪い、技を使用するために戦闘が必要など、相対的に見て悪い点があります。ただ、要所での戦闘は熱くて私は良いと思いました。

総評

 全体的な出来がとても良いので、戦闘も強いて挙げるとしたら、といった感じです。また、悪いと言ってもツクールデフォルトのシステムとはテイストが異なるため、新鮮な気持ちで楽しめます。