良い点
有名なゲームの音楽の後にモンスター★レーサーの音楽を聴くと独創的な素晴らしい音楽に感じる可能性を秘めている。(今の販売戦略が壁になり、さらに話題にもされないため世間から消える可能性もある。)
モンスターを育ててレースするRPGであるが、2009年のモンスター★レーサーが発売した頃や、2018年の今見ても独創的かつやり込めるシステムになっており、
前作と違いモンスターを自分で操作出来るのも『めいれい』など選択肢のテンポダウンがなくスムーズになり、そのためよりレースを楽しめる。

悪い点
出てくるモンスターが減った事。(例えばもんすたあ★レース2に出たハネムチャのような可愛らしい姿系のモンスターが致命的になっている。さらにモンスター★レーサーの出てくるモンスター総数は、前作の200位から今作の80位に減っている。)
Wi-Fiサービスが終わったことにより、配信データも無くなるため、ゲット出来るモンスターなどが制限された。
レースRPGという独創的なシステムかつよく作り込まれておりとても面白いが、流行らなかったため、今は発売日よりも値段が上がりプレミア価格である上、取り扱い個数も致命的である。