満足度
★=1点 ☆=0.5点 MAX = 5点
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポケモンサン・ムーン:★★★☆
ジャンル:RPG

南国にあるアローラ地方を舞台とした今作はアローラ
派生のポケモンをはじめ、様々な新機能が追加された。
従来の自転車やローラースケートや秘伝技が廃止され
ポケモンを乗りこなして移動するポケモンライドという
機能が実装された。

アローラ地方ではジムもポケモンリーグもないため、
各地の島を巡って試練を乗り越え、最終的に新規で
建設されたポケモンリーグに立ち向かい初代王者と
なることを目的としている。地域の者と人間同士の
触れ合いを行う描写も多く、新鮮味がある。

全てのポケモンが戦闘毎にメガ進化時の様に
大技を披露できるZ技という機能も追加された。

育成方法もレベルに応じて入手経験値が変動する
仕様となったが、直接確かめたわけではないが、
噂では育て屋・端末内時間変更・通信機能を利用すれば、
あっという間にレベル100にすることができレベル100に
なれば個体値の操作をある程度、こちらで行える斬新な
システムも採用されている様だ。

本作の特に素晴らしいところは何と言ってもアドベンチャーパート。
ヒロインとの駆け引きがまるで恋愛ゲームの様であり、
一部のファンの間では反響があったのではないだろうか。

ポケモンに関してもXYのポケパルレの進化形である
ポケリフレが実装され、今まで以上に愛着が沸く様になった。
戦闘後に濡れたポケモンをドライヤーで乾かしたり、汚泥を
タオルで拭いてあげたりブラッシングしたりステータス異常
となったポケモンにポケリフレで常備されている塗り薬を
塗るとアイテムを使わなくてもステータス異常が治ったり。

また、なかよし度がMAXになるとステータス異常を根性で
治したり致命傷を負っても悲しませない様に耐えてくれる
演出があったりと非常に愛着が沸き易く可愛い。

ポケパルレのミニゲームは廃止されたため、XYにあたる
ポフレであるポケマメという餌が手に入り辛くなったのは
少々残念だが代わりにレストランに連れていき、食事する
ことが出来る様になった。終始ポケモンとデートしている
様な気分でエンディングまで辿り着けた。


ただし、従来のシステムの廃止について残念に思う人も
居ると思う。単に寂しいという理由もあると思うが、
純粋に下記の様に遊び辛くなっている部分もある。

(1)
ポケモンを降りて通らないといけない道も多く、
むしろ移動に時間がかかる様になったと感じた

解決策→ポケモンライドとローラーブレードの全実装

(2)
実装内容が多すぎるためか起動が遅い。特に2対2の戦闘時、
ゲーム開始時、ゲーム終了時の動作が遅く、フリーズした
方もいるのだとか。

(3)
主人公の頭身は伸びたが肝心の洋服(特に男性)が高くてダサい物ばかり。
前作の方が素敵な服が多くコーデも楽しめたが今作は苦渋の選択。
ユニセックスの洋服をもっと種類を増やして欲しかった。

〇最終コーデ♀(サン) ※リーリエと双子コーデ - 176,260円
帽子 リゾートハット (メレメレ島-ハウオリシティ-グラシデア) 158,000
トップス フリルブラウス (アーカラ島-コニコシティ) 4,980円
ボトムス ラインフレアスカート (アーカラ島-コニコシティ) 6,800円
靴下 ニーハイソックス (メレメレ島-ハウオリシティ-ブティック) 980円
靴 オペラシューズ (アーカラ島-コニコシティ) 5,500円
リュック ナイロンリュック (デフォルト) 0円

〇最終コーデ♂(ムーン) - 127,400円
帽子 トリルビーハットブルー (ウラウラ島-マリエシティ) 7,900円
アイウェア メタルフレームサングラスブルー (メレメレ島-ハウオリシティ-グラシデア) 39,800円
トップス ボタンシャツブルー (メレメレ島-ハウオリシティ-グラシデア) 49,500円
ボトムス スポーツふうハーフパンツグリーン (アーカラ島-コニコシティ) 3,400円
靴下 クルーソックスホワイト (メレメレ島-ハウオリシティ-ブティック) 300円
靴 コインローファーうろこがら (アーカラ島-カンタイシティ) 14,500円
リュック スポーティーリュックホワイト (ウラウラ島-マリエシティ) 12,000円

解決策→アパレルに精通している方を開発陣の中に招く

(4)
ポケパルレのミニゲーム廃止については共感できるがエサである
ポケマメが入手し辛い。レストランまでわざわざ食事しに行く
手間がかかり、テイクアウトメニューだとミックスオレや実等の
回復アイテムとして使用されてしまう。また、レストランで食事
する際にポケモンの空腹度が表示されず、空腹でないポケモンを
選択するとその度に注文キャンセルされ返金されるシステムが
段々とうっとおしく感じてくる。ついでに食事シーンにて画面が
暗がりになるのも残念である。どうせなら食べさせてあげたい。

解決策↓
ポケマメと同じ扱いできるテイクアウトメニューを用意する
レストランでメニュー確認時、各ポケモンの空腹度を見れる様にする
ポケリフレの様に食べさせてあげる描写を設ける

(5)
交換や対戦する画面にて無数のプレイヤーが表示されるため、
フレンドが探し辛く、探すだけで数十分かかることもある。
互いに探しているポケモンを交換するGTSという掲示板機能や
不特定の方とポケモン交換できるランダム要素有のミラクル
交換という機能が実装されたのは好印象だが、従来の様に
バッジを8つ集めるという条件ではなくゲームをクリアしないと
レベル80を超えるポケモンが言うことを聞かないため要注意。
前作から今作へポケモンを移すのに有料のポケバンクサービスが
ないと移せなくなっていたり、端末内時間変更を行うと通信面等に
おいてペナルティーが科せられる様になったのも不便に感じる。
※上記の理由によりXYで育てたポケモンを友人に譲りました。

シナリオに関してもXYと比べるとやや子ども向けになった印象を受けました。
また、ヒロインが物語の中心となっており主人公が用心棒の様な立ち位置の
ため、ヒロインに全く興味がないのも相まって感情移入し辛かった。
同じように感じた者は少なからず居ると思います。

XYの時の様に男性主人公の場合、女主人公がヒロインになり、
女性主人公の場合はその逆という設定の方が感情移入し易く
面白く感じたため、その形でシナリオを採用して欲しかった。

総合評価:
アドベンチャーとしては優秀な作品だがRPGとしては以前の
作品より劣る。今後もポケモンとのアドベンチャーパートを
是非伸ばして貰いたいところではあるが、RPG要素に関して
もう少し力を入れるかあるいは全く異なるポケモンシリーズ
としてRPGとアドベンチャーパートを分ける等の方法を是非
とって頂きたい。

下記ムーン最終パーティー:
/image/767219/
下記サン最終パーティー:※リーリエが使いそうなカントー地方のポケモン縛り
/image/783817/


気になるキャラ:
ルガルガン、ガオガエン、ククイ、カキ、アオキ、ケンサク、ダイチ、ガクジ、
タケオ、ユウイチロウ、ユウダイ、トウゴ、マサカズ、ナガノリ、マサヒコ、
キリオ、ユウタ、ヨウスケ、タイガ、リュウタロウ、エイタ、イサミ、
タイヘイ、タツオ、ゼラオラ