初代だからかモードが少なく、非常に簡素な作りの作品。パーツが少ないのでV2を始めたい人はまずこの初代から手を付けて、カスタムロボシリーズの基本を学ぶと良い。
この作品だけ見れば『ややクソゲー』の評価でしかないが、ポジティブな使い道を挙げればV2の技量を極める為のウォーミングアップとして役立つ。
シンプル イズ ベターといったところか。
良い点
・次回以降の作品と比べて、基礎的なパーツ・ステージだけしかないが、これがこのシリーズの基本戦法を学ぶのに役立つ。
・シナリオがやや大人向け。字幕に漢字が多くて読みやすいのだが、これが小学生・幼児にとってはデメリットとなるかもしれない。

悪い点
・モードが少ない。シナリオと対人対戦と簡素なスコアアタックだけ。
・シナリオで使えるロボが終始鈍重な動きのレイだけ。他のロボに切り替えられないと途中で飽きる可能性大。
・パーツの強さのバランスが悪く、ラスボスの使う武器くらいしか存在価値が無い。しかもそれが合法パーツなのだからタチが悪い。
・シナリオ1周目で集めたパーツを持ち越しての周回、所謂『強くてNew game』が出来ない。もしこれが出来るのであれば、違法パーツに加えてロボ変更も出来るとgood
・対戦で100%を超えるHPハンデは不要。
・キューブから早く起き上がる操作がスティックのみで、ボタン連打が無い。これでは耐久性の低い64コントローラーが傷む。
・地上でのポッドの打ち出しが酷い。スティックを倒していないと変な方向へ発射してしまう。
・スコアアタックで違法パーツに対する減点が無い。
・総じて『有料のV2のβ版』という印象。