テイルズ オブ ゼスティリアについて。
このゲームが賛否両論なのは分かります。好みは別れるでしょう。

しかしストーリーの矛盾はよく分かりません。よく言われているシーン
・アリーシャ はハイランドをよくするために導師を頼ったのに、アリーシャ離脱はおかしい。
(アリーシャが導師に頼ったのは、やまない雨や謎の疫病、町中の穢れであり、バルトロの存在はむしろ必要とすら言っていた)

・バルトロに追われ町を出たのに、アリーシャがレディレイクに戻るのはおかしい。
(マーリンドに行ったのはアリーシャが左遷されたから+疫病をなんとかしたかったから。治ったから戻った)

・アリーシャが人質にとられたのに、すぐ様子を見にハイランドに行かないスレイは酷い。
(すぐにアリーシャの所に行ったら、「俺にとってアリーシャは特別です」とバルトロに教えてることになるのでは?スキットでは心配してた)

・悪人なのに穢れない。
(悪人だから穢れないのではない。妬み、恨み、憎しみ、覚悟を決めずに罪をおかすことが穢れの原因。穢れない悪人もいる)

・ロゼが殺人犯を責める
(「他人が悪いから殺人をおかす。私は悪くない」「誰かに言われたから、殺す」という考えが嫌いなだけ。ロゼ自身依頼があっても自分で調べてから、殺すかどうかを決め、その罪を依頼者だけではなく、自分も背負い非難される覚悟がある。「後悔するくらいなら殺人者にみずからなるな」って考え。矛盾はしてない)

・スレイがロゼを責めない
スレイの考えは「どんな人間もいていい。悪もいていい」
ロゼは女性としては、けっこう言われてる。雑とか、ゲップの件とか。

・どこがシリーズ原点?
過去作のセリフ
「お前の目の前に今にも死にそうな者がいたらどうする?
そいつは助からない。お前は助けることができない。
苦しい、楽にしてくれとそいつは死を望んでいる。どうする?
とどめをさしてやるか?それとも何もしないか?とどめをさすことが冷酷で、何もしないことが優しさか?それとも逆か?」

「情熱。それは力をもった強い思い。
例え間違った方向に進んだとしても、熱き心、それは誰にも止められはしない」

ゼスティリアにはこれがつまってると思います。

鬱すぎるとか、アリーシャ使えなくてショックとか、納得できなくて嫌いとかカメラアングル含むシステムがとかは理解できるのですが、矛盾というのが分かりません。皆さんはどう思いますか?
この質問はYahoo!知恵袋から投稿されました。