MOD、リソースパック、影modとは??

modとは、マインクラフトの改造データである。リソースパックとは、ブロックの見た目を変えるもの。通称テクスチャ。影modとはとても重いが、影や水、雲の描写をきれいにしてくれる要素である。なお、導入するもしないも自己責任となります。理由は、導入することによってデータの破損やマシンの破損などの可能性があるからです。

なお、私は13歳というまだ子供といっていい年齢ですが、導入することができたので、そんなに難しくはないです。



広告
電波人間のRPG Freeはこれを見れば完璧!!
~電波人間のRPG Free wiki~
jp.wazap.com

 
 


注意

・今回、パソコンはWindowsでの対応となっております。
・MODは重いので、スペックが2GB以下のパソコンは、MODの導入は厳しいです。
・ちなみに、リソースパックはmodを入れなくても入れられます。
・影modはリソースパックやmodと一緒に使わないなら8GB以上、リソースパックやmodと一緒に使うなら16GBは必要です。また、16GBでも影modを入れるならたくさんのmodは入れられないでしょう……。高機能な影modを導入したくて、たくさんmodを入れたくて、さらにリソースパックも使いたいならグラフィックボードを購入し、搭載することをオススメします。

ステップ1 JAVAのインストール

https://www.java.com/ja/download/ie_manual.jsp
まず、MODを導入するために、JAVAというものを導入する必要があります。上のサイトに入り、
「同意して無料ダウンロードを開始」
というボタンをクリック↓。


すると、インストールが開始されます。
そして、インストールしたファイルを開きます。開く方法は、ダブルクリックです。

家族で1台を共有して使っている子供の方の場合、私のように
「管理者の許可が必要」
というのが出てくる可能性があります。その場合は、お父さんやお母さんにそのパスワードを教えてもらってください。

ダブルクリックすると、JAVAのインストール画面まで来ます。古いバージョンとか言われたら、とりあえず
「後で」
を押しといて、インストールを開始させてください。

「正常にインストールできました」
という画面が出れば成功です。

この画面↓


ステップ2 Forgeのインストール

https://files.minecraftforge.net/net/minecraftforge/forge/
続いて、MODを導入するための「forge」というものを導入させていきます。
上のサイトに入ります。すると、このような画面に。


この画面の左上にある「三」をクリック。すると、このような画面になる。


この中から、好きなバージョンを選んでください。最新版が現在は1.18.2,MODが多くあるバージョンは1.12.2または1.16.5となっています。個人的には1.12.2がオススメなので、1.12をクリックし、その後1.12.2のところをクリック。
すると、こんな画面に。


上のダウンロードレテストというものは「最新版」、下のダウンロードリコメンドというものは「安定版」というものです。安定版がダウンロード推奨です。なお、現在の最新版1.18.2では、まだダウンロードリコメンドがないので、1.18.2のバージョンでMODを利用したいと思っている方は、最新版を利用するか、安定版が出るまで待つこと。

この画像のダウンロードリコメンドのInstallerをクリックしてください。すると、広告などが大量に出てくる画面になります。
この広告はウイルスなどの可能性もあるのでクリックしないでください。

上の赤丸をよく見てください!これが下の画像のように、「SKIP」という表示になります。

SKIPが出たらそのSKIPボタンをクリック。
すると、Forgeのダウンロードが開始されます。

このファイルをダブルクリックして開くと、起動できる人もいれば、できない人もいます。あと、その前にファイルを開くアプリを「JAVA」に設定する必要もあります。
ファイルをダブルクリックすると、このファのイルを開くアプリみたいな画面が出てきます。これをJAVAに設定してください。もし、以前に設定して、開く設定画面が出てこないという人は、ファイルを開くアプリの変更の仕方をググって調べてください。

ステップ3 Forgeの起動

Forgeの起動がダブルクリックでできた人は飛ばして大丈夫ですが、ダブルクリックしても、反応しないよという人は、次のことをしましょう。
・「Jarfix」を使う

Jarfixというソフトの手助けを得て開く方法がおすすめです。
使い方は、ダウンロードした「jarfix.exe」を実行(ダブルクリック)するだけです。
ダウンロード先↓↓
https://www.softpedia.com/get/Others/Miscellaneous/Jarfix.shtml...
サイトに行くと、以下の二つの画面いずれかの表示が出ます。

上のやつをクリックし、ダウンロードしてください。
そして、ダウンロードした「jarfix.exe」をダブルクリックし、なんか画面が出たら閉じて、forgeをダブルクリックしてみてください。多分起動できます。

これでもだめな人
・「コマンドプロンプト」を使う

次に、検索窓(左下にある窓マーク)をクリックして、「cmd」と打ちます。すると、コマンドプロンプトが立ち上がります。
次に、コマンドプロンプトに、
「cd Downloads」
と入力。そしたらエンターキーを押します。
そして、下の列に、Downloadsに続くように、java -jar forgeのファイル名を入力します。
そして、エンターキーを押すと、多分いけるはず。
無理な人は次のことをします。

まず、コマンドプロンプトを絶対に閉じてください。
次に、検索窓に「システムの詳細設定」と入力。
そして、システムの詳細設定を開けたら、「環境変数」という欄をクリック。
その次に、環境変数の上の欄の「新規」をクリック。
名前を「Path」にしましょう。
できたら、「参照」(一番左下のやつ)というところをクリック。
そしたら、ファイルが出てきますね。
「bin」というファイルを選択してください。
(binはPC→Cドライブ(Windows,ローカルディスク)→Program Files 86(人によっては86じゃないほう)→Java→一番上のやつの中にあります。)
とりあえず、Java.exeというファイルがあるファイルを選択すればオッケー。
そして、OKをクリックします。

そして、もう一度上のコマンドを打ってみます。無事に起動できたはず。

できなかった人はforgeのファイルを消して、このURLの指示に従ってください。
https://youtu.be/ukxBdTvz-S0



広告
これ、マイクラです!
リアルすぎる影modがなんと無料!?
~SEUS PTGI~
fukafuka295.jp

 
 



ステップ4 マイクラで適用させる

お疲れ様でした。もうすぐで、終わりますよ〜!
まず、マインクラフトを起動。そして、起動構成をクリック。そして、新規をクリック。
今さっき選んだバージョンのforgeがあれば、成功です!
マインクラフトの起動構成は閉じないでおきましょう。

次に、マインクラフトのファイルの中にforgeというファイルを作ります。マインクラフトのファイルのところの新規をクリックし、名前を「forge」にします。

その次に、起動構成の名前は自分のわかるものにしていただいて、バージョンの下にあるやつの「参照」をクリック。そして、今さっき作ったforgeのファイルを選択。

そして、プレイをクリック!

ゲーム画面が出たときに、左下にforgeの名前が表示されていればOKです!!そしたら閉じましょう!
違う人は、どっか間違ってます。

ステップ5 modの導入

ついにきました!modの導入!
modの導入は簡単なので、良かったですね〜!
まずは、「optifine(オフティファイン)」の導入をしましょう!
このmodは、軽量化modであり、リソースパックや影モッドを入れるときに必須となってます!
まず、optifineの公式ページに行きます↓
https://optifine.net/downloads
そして、入れたいバージョンを選択。そして、ダウンロードします!
ダウンロードしたら、エクスプローラーを起動し、ダウンロードの欄にファイルが追加されてますね。そしたら、「移動」を選択し、場所をforgeの中に新しくできた「mods」に移動。
そしたらoptifineが導入できました!

これからmodを導入するときは、ダウンロードしたファイルをここに移動させればいいだけ(modによっては、ファイルの解凍なども必要だそう)

続いて、俺のオススメmod、「デコクラフト2」を導入してみましょう!(対応バージョンは1.7.10から1.12.2)
https://fukafuka295.jp/minecraft-decoration-mod2/
上のサイトの指示に従ってくださいな。

modが反映されたら驚きの一言!
椅子や机、テレビ、公園の遊具など、いろんなオブジェクトが追加され、さらに、角度の調整ができてしまう!
こんな感じで、自分な好きなmodを入れてみましょう!

ステップ6 リソースパックの導入

1.12.2ならこのリソースパックを使おう!↓
https://fukafuka295.jp/minecraft-stratum-resourcepack/

1.17から1.18.1ならこのリソースパックを使おう!↓
https://fukafuka295.jp/minecraft-modernarch-resource-pack-mod/

上のリソースパックは、解像度が128なら無料のものを紹介しています。むっちゃきれいです。有料でも試してみる価値あるわ〜!

/cheat/[Java版]オススメリソースパック一覧/604578/#9f16e3ce30564873b3d6fa347aa...
私のおすすめはここにまとめてある。




広告
アモアスでチャット設定を漢字に変更できる!?
jp.wazap.com

 
 


そもそも解像度とは?

リソースパックの解像度は、8.16.32.64.128.256.512.1024.2048まであり、単位はx。8xから64xくらいなら4GB以上のメモリ容量でも動くが、(軽めの影mod有りで)128は8GB以上、256と512は16GB以上(256xなら8GBでもギリギリ行ける)、1024は16GBと32GB以上、2048は32GB(ものによっては64GBのメモリも要求される)のグラボ搭載で重くならない感じかな。2048xとかもはや現実ですね。
解像度が高ければ高いほど描写がきれいになりますが、解像度が高ければ高いほど重すぎるんだよね。
グラフィックスは私はなんかintel Family(グラフィックスでいう560)みたいなのを使っていますが、そのグラボは性能が一番低いらしいので、(それでも一応軽めの影modアリでリソースパック256xはフラットなら30fps前後で動いた。サバイバルとかは無理)なのでそれよりも高性能のやつがいいですね。
2048xのstratum というリソースパックでは、なんとRTX3090というトップクラスのグラフィックボードを推奨しています。

では本題。リソースパックの導入方法について。
まず、forgeを入れた方は、好きなリソースパックをバージョンやパソコンに合わせてダウンロードします。
次に、そのファイルをforgeの中にある「resourcepacks」に移動。そして、その起動構成でプレイし、リソースパックをクリック。そして、追加されたはず。そして、このリソースパックは左側にあるはず。それを→を押して右に移動します。
そして、反映されます!

forgeを入れてない方は、まず、起動構成で新規をクリック。
次に、入れたいリソースパックに合うバージョンを選び、起動構成の名前の下にあるやつの「参照」をクリック。
その次に、どこでもいいので、Resourcepacksというフォルダを作ります。名前はなるべく英語か数字。日本語はやめたほうがいい。
それを作成したらそれを選び、OKを押す。
そして、プレイし、リソースパックをダウンロードしたら、今さっき作ったリソースパックフォルダに入れる。
最後に、forgeの際と同様に、左側から右側に移動させれば反映されます。

ステップ7 影modの導入

影modを導入するには、forgeとoptifineの導入が絶対条件。
もう、さすがにこれだけやってればやり方もわかってきたはず……。そう、ダウンロードしたファイルを特定のフォルダに入れればいいだけ。
今回の入れるフォルダは、forge内にあるshaderpacksです。そこにダウンロードした影modを導入すればいいだけなのである。

起動構成について

forgeを導入した人は、modをたくさん導入すると、メモリ容量が足りなくなってしまう。そうなったとき、modを入れてる起動構成の編集をクリックし、引数というものがあると思います。それを、2から4、8などにしてみてください。
基本的に、使っているパソコンの50%にするといいでしょう。例えば、8GBのパソコンでmodを導入して遊んでいる場合、引数は8の半分の4にするのがオススメ。まあ俺は5にしてますが。

影modの設定について(一部の影modのみこの仕様がある 例

KUDA Shader)
シェーダーのオプション設定に以下のようなものがあります。
Low Medium High Ultra
綺麗さでランクをつけるとこうなる
Low <Medium < High <Ultra
という感じ。
なので、スペックに余裕がある方は上のほうがいいし、重くなるのが嫌でスペックに余裕があまりない方は下の方を使いましょう。

結果

もっとマイクラをよりリアルに楽しもう!


関連スレッド

建築投稿スレ
Music Club
MinecraftWikiを編集するものの集い

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(17人) 立たなかった

94% (評価人数:18人)