2020年7月3日にサイレント修正がワザップにありました。

画像を投稿しようとすると、ものにより
ワザップ規格で『不適切な画像です
と、弾かれます。時期的に対応は違うようだった。
2009年であれば、不適切な画像を投稿すると、約1秒で報告権を失い、約3ヶ月は報告権の回復まで自粛するという流れ。

ちなみに今回採用されたシステムによる、
・不適切な画像の認識は(対象は服がないケモノの女児体型、またはスジ見えなど識別に法則があるようです。)、
そう判断されるとワザップの判断により約1秒ほどで弾かれるようです。
・弾かれない画像としては(スジを消しかつその中から出る液状のものの表示。こちらも細かい。)、
これら、どの画像を投稿しても約1秒で判定される。
初投稿かつ初タイトルの画像を投稿でも、識別は画像の描かれ方で確認されるため、このようにして分けられるようです。


今までの自動投稿ブロックシステムは、投稿した時の画像の描かれたタイプの判別でなく、同じものを投稿したときだけブロックされていたようですが、

今回のサイレント修正は、
『画像登録手続き後、約1秒の間に、画像に描かれた見え方をワザップ上でワザップレベルで識別して、弾くか登録するかを決定するシステムになりました。』

一番最後『』内の文章が、今回2020年7月3日に新しく採用されたサイレント修正内容です。

それにより、『この画像投稿できるか心配だ。報告権もなくなり個人情報も要求されたりしそう』投稿できるか今まで迷っていたユーザーは、
今回のサイレント修正により、
不適切な画像の確認のため、そうなれば同じ画像を何回もなど、他にも画像の描き方の修正もどんどんして積極的に画像投稿しても、不適切な画像は弾かれるので、ユーザーにその場で伝わるようになったのは、良いサイレント修正だったかもしれない。
人により画像への見方や利用規約を越えた条件(例えば、拡散性ミリオンアーサーを招待されかつ利用規約がスキップされながらもこのゲームを初プレイした人など)が変わるため、そこはワザップの管理人さんの良心もあるかもですし、ワザップは皆さんが楽しく使うための権限でもあり、今回のサイレント修正も、過去にももしかしたら気づかない所で皆さんを守り伝える中身ではあるかもしれません。


余談ですが、
嘘の真実という情報もワザップにはありますが、それを彷彿とさせる、
『レディプレイヤー1』という映画を見てネトゲと現実の危険も覚えるユーザーもいますからね。

結果

画像投稿すると約1秒で投稿可能か不適切な画像かがわかる。


関連スレッド

ワザップ雑談スレッド
本音で語るスレッド マイノリティーズハウス
じゃがりこ王国 ワザッピー

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(3人) 立たなかった

100% (評価人数:3人)