今回は、ポケトレで色違い出現の極意を伝授します。(ぇ


■色違い出現方法■
・ポケトレで光る草むらに入る
・通常通り、草むらに入ると獄稀に出現する

 この二つです。
 ですが通常にポケトレを使わずに色違いを出すのはかなり困難だと思います。
 やはり此処はポケトレを使って色違いを出しましょう。

■光る草むら出現方法■
これはもう決まっています。
ポケトレで、連鎖を作ります。
連鎖と言うのは、ポケトレを使用して、連続で同じポケモンをカウントすることです。
四十連鎖を達成すると、グーンと色違い出現率(光る草むら出現率)がアップします。
でも、四十連鎖は『努力』と『運』が必要で、本当に難しいです。
今回の攻略は、四十連鎖行くことが出来る条件と行きやすい方法をあくまでも掲載するつもりです。
『四十連鎖行きやすい』方法ですから、其処はご了承下さい。

■ポケトレの入手法■
殿堂入り後、シンオウ図鑑に全てのポケモンを記録し、ナナカマドに見せる。
するとナナカマドが、その祝いに『ポケトレ』をくれる。


■四十連鎖で色違い出現率増加方法■

先程も言いましたが、あくまで確率を上げるものです。

Step 1 『色違いで捕まえたいポケモンを決める』

まず此処から決めなければ始まりません。
皆様の好みですが、珍しいポケモンを色違いで出す、こういう方も多いようです。
少し珍しいポケモンを調べてみました。

■大量発生のみでしか出現しないポケモン
■GTS(グローバルトレードステーション)で外国が欲しがっているメタモン
■普段出現率が少ないポケモン
■ポケトレでのみしか出現しないポケモン
■とにかく好みのポケモン

五番目は珍しいと言うか貴方の好みで決めていいです。
メタモンは、GTSの交換で非常に役に立つポケモンです。
「ギラティナ 気にしない」と欲しいポケモンを伝説のポケモンにしても届きますから。
恐ろしいメタモンの大人気、ですかね。
ちなみに僕はディアルガとパルキアをメタモン二体でゲットしました。
メタモンの色違いを出せば、GTSで爆発的な人気になるでしょうね。

普段大量発生でのみしか出現しないポケモンもレアです。
殿堂入り後マサゴタウンのコウキ(ヒカリ)の家に居る妹の女の子に話しかけると何処で何が大量発生しているのかが分かりますので、其処の場所の草むらでポケトレを使用するわけですね。
ポケトレを使用してのみでしか出現しないポケモンもレアですが、出会いにくいというのが厳しいですね。メタモンもポケトレでのみしか出現しないので、メタモンはかなりの難しさだといえます。

まぁ此処で紹介した珍しいポケモンは参考程度にお願いします。
決めるのはあなた自身ですから。

Step 2 『ポケトレの基礎・基本』

之も分からなければ始まりません。
そもそもポケトレの使用法が分からない!と言う方も居ると思います。
まずは使用方法から教えましょう。

1:まずは草むらに行く
2:五十歩充電を貯めて、ポケトレを使用する
3:草むらが揺れるので揺れる草むらに向かう
4:ポケモンが現れる
5:4で出現したポケモンを倒すかゲットすると、連鎖が起こる可能性がある
6:連鎖した場合、再び草が揺れるので3から以下くり返し行う

之が主な流れです。
ポケトレは普段出現率の低いポケモンの出現率を僅かですが上げてくれるのが重宝ですし、色違いを出すにはポケトレが必要なので便利です。
連鎖するには、以下のアイテムを用意することをおススメします。

★ゴールドスプレー(四十連鎖ですので六十個は買出しして下さい)
★ボール(色違いを捕まえる為に使用します。なるべく沢山購入してください)
★ヒメリの実(PPを10回復する木の実です。ポケモンセンターに行くのが面倒な方におススメです)

この三つがあれば、四十連鎖が楽になります。
ゴールドスプレー以外でも、シルバースプレーでもむしよけスプレーでも種類は何でもいいのですが、ゴールドスプレーの効果が一番期待できます。
とにかくスプレー系統は必ず購入してください。
スプレーが無いと後に後悔する事になりますので……。
その理由は後ほどで。

Step 3 『連鎖の極意』

続いては『連鎖』についての極意です。
連鎖は難しいことでは有りませんが、四十連鎖は途轍もなく難しいです。
あ、『途轍もなく』は『とてつもなく』と読みます。
そこで、少しでも楽になるように連鎖の方法を伝授します。

■まず、連鎖が始まったら遠くの草むらに移動してください。
■前の揺れと同じ揺れ程の草むらに入ると連鎖しやすいです。
■連鎖するには前と同じポケモンを出現させないといけません。
■必ず四歩以上先の草むらに入ってください。
■途中で揺れている草むら以外でポケモンと出会わないで下さい。
■草むらから放れないで下さい。


之ぐらいですね。
特に重要なのは三番目・五番目・六番目ですね。
連鎖するには一つ前と同じポケモンを出現させなければなりません。別のポケモンであれば、無条件で連鎖は終了してしまいます。
続いて揺れている草むら以外では絶対にポケモンと出会わないで下さい。
其れも無条件で連鎖が終了してしまう方法の一つです。
其れを解決するのが「ゴールドスプレー」なんですね。
揺れている以外の草むらからは野生ポケモンが出現しなくなります。
そして当然の事、草むらから離れないで下さい。
ポケトレ連鎖が無条件で終了してしまいます。

この極意を知って、四十連鎖に実際にチャンレンジしてみましょう!

Step 4 『四十連鎖に挑戦しよう』

いよいよ挑戦です。
最終確認として少なくとも「ゴールドスプレー(シルバー・むしよけでもOK)」と「ポケトレ」、そして貴方の「やる気」を用意して下さい。
先程Step3で紹介した連鎖の方法をよく参照して挑戦してください。

後はアドバイスなどを…

Step 4-1『特性を利用する』

はい、特性を利用するわけですね。
便利な特性を紹介します。

●特性『静電気』のポケモンを先頭にすると、電気タイプが出やすくなる。
●特性『磁力』のポケモンを先頭にすると、鋼タイプのポケモンが出やすくなる。
●特性『シンクロ』か『トレース』のポケモンを先頭にすると、そのポケモンと同じ性格のポケモンが出やすくなる。
●特性『ぼうおん』でほえる、『きゅうばん』でほえる・ふきとばしを回避できる。
●特性『かげふみ』『ありじごく』で相手のポケモンを逃げられなくする。
●特性『メロメロボディ』のポケモンを先頭にすると、♂なら♀が、♀なら♂が出やすくなる。

此処の中以外にも役立つ性格はありますが、ここで紹介した特格が一番便利です。
電気タイプを標的にするのなら「静電気」。
電気タイプの出現率が上がるので、連鎖も楽になります。
「吠える」「吹き飛ばし」等の技には十分に注意してください。
「吠える」「吹き飛ばし」をやられて先頭を終了すると連鎖が終了します。
後、ケーシィの「テレポート」にも注意してください。
此方も連鎖が終了する元となりますので。
「吠える」「吹き飛ばし」には「ぼうおん」の特性を…
ケーシィの「テレポート」等には「かげふみ」の特格をおススメします。

後は基本連鎖しやすい方法と手順を説明します。

1:ポケトレを使う
2:ゆれた草むらに行く(真上にはなるべく移動しない・一回目の揺れと同じ揺れの草むらに入る)
3:出てきたポケモンを倒すか捕まえる
4:再び草むらが揺れる
5:その草むらへ行く

真上にはなるべく移動しないで下さい。
一回目と同じ揺れの草むらに入ってください。
この二つさえ極めれば、もう四十連鎖は目の前です。

是非参考にしてください。
最後に言わせていただきます。

之はあくまでも連鎖しやすくする方法です。連鎖出来ない!などの理由で評価を下げないで欲しいです。






Step 5 『天候とポケトレの連鎖の関係』

ポケトレで色違いをゲットするには四十連鎖が必要だ…と言う事は話しました。
今回更新したのは、『ポケトレ天候連鎖率』についてです。

天候は、以下の種類です。

■晴れ→言わばシンオウ地方の殆どを占める天候です。
■大雨→一部の道路で雨が降っている天候の事です。雨状態となり、バトルを左右します。
■あられ→雪です。キッサキシティ・リッシこ付近に多い天候です。バトルでは氷タイプ以外がダメージを受けます。
■砂嵐→視界が狭くなる程見難い状況になります。一部のポケモンはダメージを受けます。
■霧→一部の道路や洞窟は、霧に被われている場所があります。「きりばらい」で霧は通常の晴れに戻す事が出来ます。

さて、何故天候を紹介したか?其れが本題です。
実はポケトレの連鎖は天候に関係しているんです。
そうですね、実際に説明致しましょう。

天候によって連鎖の数に変化が起きます。
一番連鎖を行いやすいのは『晴れ』です。
何も起こっていない天候なのでしょうか?
実際に実験をしました。十連鎖成功は七回・失敗は三回でした。(十回行いました)

次に連鎖を行いやすいのは『雨』でした。
雨はポケモンバトルにも少しの影響を与えますが、ポケトレにも影響を起こします。
実際試したところ、十連鎖成功は十回中五回・失敗も五回と五分五分でした。
雨の道路では連鎖はやりにくいということもあり、他の生息地を調べて、晴れの道路などに生息していたらそちらで連鎖をしたほうがよさそうです。


次に連鎖が行いやすかったのは『霧』でした。
此処はあまり問題ありません。
「きりばらい」を行えば元の晴れに戻ります。
一応実験をし、十連鎖を成功したのは十回中たった四回で六回も失敗しました。
「きりばらい」を飛行タイプなどに覚えさせておくと便利でしょう。

もう全然行えなかったのは「あられ」と「砂嵐」状態の天候でした。
両方十連鎖成功率はたったの二回で、あまりおススメは出来ません。
「あられ」と「砂嵐」は降り止むことも無く永久的に戻りません。
ニューラなどの氷タイプの色違い入手は、本当に努力しなければ難しいです。

最後に言いますが、こちらの十連鎖の数はあくまでも僕が実験したことであり、運かもしれません。
此方が十回中九回成功しても、貴方は十回中五回のみしか成功しなかった、などと言う事も十分有り得て来ます。






Step 6 『実際に色違いを捕まえる時の注意』

まず、最初に言わせて頂きます。
色違いが出現しても、ゲットしなければ意味はありません。

当たり前ですね、色違いが出ても慌てず・騒がず・冷静に。
之をモットーにしていきましょう。
ですが、ポケモンによっては「とっしん」「ゆびをふる」「じばく」「だいばくはつ」など野生ポケモン自ら自滅する技もあります。
此方は危険ですので、それに対応する為のポケモンを用意いたしました。

■「とっしん」・「すてみタックル」など、反動ダメージを受ける攻撃をする野生ポケモン

まず之は第一の危険と言えます。
とっしんは弱いからと油断していれば、何れは相手の体力を0にしてしまう恐ろしい技でもあります。
四十連鎖までやっと行けたのに敵が自滅…其れはショックです。
ですので、対策をしましょう。

★対策ポケモン
☆ゲンガー「さいみんじゅつ」
☆ダークライ「さいみんじゅつ」
☆キノガッサ「きのこのほうし」(特におススメ)

基本「さいみんじゅつ」など相手の身動きを封じる技を用意しましょう。
相手を寝かしさえすれば暫く身動きが取れないので、ボールを投げ放題です。
一ターン目にクイックボールを投げるのも一種の手ですが、入らなければ意味が無いです。
やはり此処は眠り状態からボールを投げる様な作戦を取りましょう。
相手が「がんじょう」などの特性を持つなら気にしないでポケモンを倒さない様に心がけましょう。
また、反動ダメージ技は「ノーマル」「かくとう」系が多いので、ゴーストタイプを先頭にバトルすると楽になるかもしれません。


■じばく系を使うポケモン

之は本当に悔しい思いをします。
「じばく」「だいばくはつ」など意味も無しに使ってくる野生が多いですのでご注意を。
イシツブテなどが良く使用してきますが、安心して下さい。
じばくさせる前に、相手にじばくをさせなければいいのです。

★対策ポケモン
☆コダック・ゴルダック(特性しめりけを利用する)

そうです、この二匹中一匹を使えば、じばくは防げます。
特性の「しめりけ」は、バトル中に誰も「じばく」「だいばくはつ」系を使用でき名来る特性です。
リッシこなどの湖になみのりをして、ゴルダックを捕まえましょう。
ゴルダックは、こう言う時にかなり役立ちます。

他にも「ゆびをふる」などの危険を対策したいのですが、文字制限の関係でもう6000文字を越えてしまうので出来ません。
また新しく作成しますので宜しくお願いします。





結果

簡単に四十連鎖?


関連スレッド

技名を漢字に変えてみる
色んなポケモンのおかしいところ
実際に欲しいポケモン

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(251人) 立たなかった

97% (評価人数:260人)