『文豪とアルケミスト(文アル)』攻略!「正宗白鳥」のステータスやキャラ詳細情報をまとめています。

image743790

正宗白鳥
※ステータスは初期値と()内に最大値を記入予定
No.47 正宗白鳥
CV:寺島拓篤
image767515
レア
派閥なし
武器
精神やや安定
ステータス
攻撃119(446)防御97(354)
回避95(335)技術45(165)
天才41(161)40(160)
主題40(160)真実50(170)

代表作
泥人形、何処へ、入江のほとり

キャラ紹介
人生の虚しさに思いを巡らせるニヒリスト。
彼によると「生きる意味などない」らしいのだが戦闘においては生き残ることを至上命題とする。
批評家としても知られており、彼の皮肉の効いた辛口な批評は他の文豪からも一目置かれていた。
無神論者だが、心の何処かで救いを求めているところがあるようだ。

回想
有碍書文豪発生
に「蒲団」田山花袋戦闘前
回想一覧はこちら

ドロップ

有魂書レシピ
※2017/8月イベント「正宗白鳥に関する研究」で
 招魂の栞を使用することで入手可
 現在は入手不可
洋墨時間
4003:03:00


レシピ一覧はこちら

人物詳細
1879年3月3日-1962年10月28日
本名は正宗忠夫(ただお)。

江戸時代の正宗家は代々網元であり、高祖父の雅明の代までは材木商も営んだ財産家であった。

東京専門学校(後の早稲田大学)在学中にキリスト教の洗礼を受ける。
史学科、英語科に在籍し、1901年に文学科を卒業。
早大出版部を経て読売新聞社に入社。
1904年に処女作『寂寞』を発表。
1907年に退社し本格的に作家活動を始める。
1908年、日露戦争後の青年像を描いた『何処へ』を発表。彼の代表作となる。

昭和期には活動の主点を評論に置くようになる。
1935年、島崎藤村、徳田秋声らと日本ペンクラブを設立。

1962年膵臓癌による衰弱のため死去。

※参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/正宗白鳥


関連スレッド

【文豪とアルケミスト】雑談スレッド
【文豪とアルケミスト】フレンド募集スレッド
【文豪とアルケミスト】質問スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(2人) 立たなかった

100% (評価人数:2人)