刀剣乱舞に登場するキャラクター全てを一覧で紹介しています。武器別の一覧でキャラをまとめ、さらにキャラや刀の特徴を解説しています。刀剣乱舞攻略の参考にしてください。


刀剣乱舞のキャラ一覧

短刀

短刀キャラ
"今剣 "
今剣
"平野藤四郎 "
平野藤四郎
"厚藤四郎 "
厚藤四郎
"後藤藤四郎 "
後藤藤四郎
"信濃藤四郎 "
信濃藤四郎
"前田藤四郎 "
前田藤四郎
"秋田藤四郎 "
秋田藤四郎
"博多藤四郎 "
博多藤四郎
"乱藤四郎 "
乱藤四郎
"五虎退 "
五虎退
"薬研藤四郎 "
薬研藤四郎
"包丁藤四郎 "
包丁藤四郎
"大包平 "
大包平
"鶯丸 "
鶯丸
"明石国行 "
明石国行
"愛染国俊 "
愛染国俊
"太鼓鐘貞宗 "
太鼓鐘貞宗
"小夜左文字 "
小夜左文字
"不動行光 "
不動行光
"毛利藤四郎 "
毛利藤四郎
"謙信景光 "
謙信景光
"日向正宗 "
日向正宗
--

脇差

脇差キャラ
"にっかり青江 "
にっかり青江
"鯰尾藤四郎 "
鯰尾藤四郎
"骨喰藤四郎 "
骨喰藤四郎
"物吉貞宗 "
物吉貞宗
"堀川国広 "
堀川国広
"浦島虎徹 "
浦島虎徹
"篭手切江 "
篭手切江
--

打刀

打刀キャラ
"鳴狐 "
鳴狐
"千子村正 "
千子村正
"亀甲貞宗 "
亀甲貞宗
"宗三左文字 "
宗三左文字
"加州清光 "
加州清光
"大和守安定 "
大和守安定
"歌仙兼定 "
歌仙兼定
"和泉守兼定 "
和泉守兼定
"陸奥守吉行 "
陸奥守吉行
"山姥切国広 "
山姥切国広
"蜂須賀虎徹 "
蜂須賀虎徹
"長曽祢虎徹 "
長曽祢虎徹
"大倶利伽羅 "
大倶利伽羅
"へし切長谷部 "
へし切長谷部
"同田貫正国 "
同田貫正国
"南泉一文字 "
南泉一文字
"山姥切長義 "
山姥切長義
"豊前江 "
豊前江

太刀

太刀キャラ
"三日月宗近 "
三日月宗近
"小狐丸 "
小狐丸
"大典太光世 "
大典太光世
"ソハヤノツルキ "
ソハヤノツルキ
"数珠丸恒次 "
数珠丸恒次
"一期一振 "
一期一振
"蛍丸 "
蛍丸
"燭台切光忠 "
燭台切光忠
"大般若長光 "
大般若長光
"小竜景光 "
小竜景光
"江雪左文字 "
江雪左文字
"山伏国広 "
山伏国広
"髭切 "
髭切
"膝丸 "
膝丸
"獅子王 "
獅子王
"小烏丸 "
小烏丸
"鶴丸国永 "
鶴丸国永
"小豆長光 "
小豆長光
"千代金丸 "
千代金丸
--

大太刀

大太刀キャラ
"石切丸 "
石切丸
"太郎太刀 "
太郎太刀
"次郎太刀 "
次郎太刀


槍キャラ
"蜻蛉切 "
蜻蛉切
"日本号 "
日本号
"御手杵 "
御手杵

薙刀

薙刀キャラ
"岩融 "
岩融
"巴形薙刀 "
巴形薙刀
"静形薙刀 "
静形薙刀


剣キャラ
"白山吉光 "
白山吉光

キャラや刀剣の特徴

短刀の特徴

"短刀"
火力は低いがクリティカルが出やすい
全体的の能力は決して高くなく、1発の火力はかなり低め。しかし1度の攻撃で3回攻撃を行い、さらにクリティカル発動率が他の刀剣と比べてかなり高い。
夜戦や屋内戦と相性が良い
投石・弓・銃といった遠戦刀装を全て装備できることもあり、夜戦や屋内戦などが非常に得意。
特に6面といった夜戦が多い場所では大活躍できるため、必ず編成に加えるのがおすすめ。

極になれば刀装数が2つに増えるため、昼戦でも活躍できるようになるぞ。
ステータスに惑わされずコツコツ強化しよう
短刀は序盤から手に入りやすいがステータスが低いため、入手しづらい太刀・大太刀に力を注いで強化しがち。

しかし短刀は夜戦などとは抜群の相性であり、強化をすることで中盤以降も大活躍することも可能。
育成していないと後悔する可能性もあるため、後回しにせず少しずつ育成しておこう。

脇差の特徴

"脇差"
火力は低いがクリティカルの威力が高い
攻撃力は低めで1体しか攻撃できない。しかし1度の攻撃で2回攻撃を行い、クリティカルが発動した際の火力が非常に高い。
クリティカルが発動するとダメージを与えつつ、敵部隊を後ろに下がらせられるのも特徴だ。

味方のクリティカル率を高める能力を持つため、脇差を複数編成して会心の一撃を発生させやすくする作戦もおすすめ。
打刀がいると二刀開眼できる
二刀開眼とは、敵の防御を無視して攻撃できる必殺技のこと。刀装をつけた耐久の高い相手ほど大ダメージを与えることが可能だ。

効率よく敵を倒すため、脇差キャラを編成する場合は打刀キャラも一緒に編成していこう。
夜戦が得意かつ盾兵をつける事が可能
短刀には劣るが、脇差も夜戦とは相性が良い。偵察・隠蔽が高く、索敵が成功しやすい点も優秀。

攻撃を受けても盾兵をつけられるため、安心して前線に出しやすい。

打刀の特徴

"打刀"
短刀と脇差より性能が高い
刀剣乱舞において最初に手にする刀剣であり、短刀・脇差よりステータスが高い。

レアリティによって性能差が大きく、レア度3であれば太刀と同等の能力となるぞ。
夜戦も採用しやすい
太刀や槍などと違い、打刀は夜戦においてステータス補正がかからないという特徴がある。
短刀や脇差といった強化はされないが、弱体されないことからシンプルに使用することが可能。

昼戦での採用は勿論のこと、夜戦でも問題なく採用できる刀剣となっているぞ。
脇差がいると二刀開眼できる
二刀開眼とは、敵の防御を無視して攻撃できる必殺技のこと。刀装をつけた耐久の高い相手ほど大ダメージを与えることが可能だ。

効率よく敵を倒すため、打刀キャラを編成する場合は脇差キャラも一緒に編成していこう。

太刀の特徴

"太刀"
能力が高くバランスが良い
HP・攻撃力・防御力が高いことから安定感があり、他の武器と比べて破壊されにくい。

1体の敵に対して1回攻撃となっているが、一撃の火力が高いため問題なく採用できる。

レアリティによる性能差が非常に謙虚となっており、レア度が高いほど非常に強力な性能となっているぞ。
夜戦とは相性が悪い
どの戦闘でも扱いやすい刀剣ではあるが、夜戦とは非常に相性が悪い。

性能が大幅に弱体化されてしまうため、夜戦が得意な短刀・脇差・打刀などをメインに編成していこう。

大太刀の特徴

"大太刀"
火力が高く攻撃範囲が広い
バランスの良い太刀をさらに強化した性能となっており、1度の攻撃で2~3体の敵にダメージを与えることが可能。

攻撃力だけでなく防御力も非常に優秀なため、強敵が登場するステージでも前線に配置しやすい。
入手したら優先的に育成したい
能力の高さから鍛刀やドロップでは入手しづらい。もし手に入れた場合は優先的に育成して強化を行っていこう。

防御は高いが手入時間が全武器中最も長いため、可能な限り中傷・重傷にはならないよう心がけていこう。
素早さが低く夜戦や室内戦が苦手
火力と耐久は優秀ではあるが、素早さが低いため最後に行動する場面が多い。

さらに夜戦では太刀と同様大幅な弱体効果がかかってしまい、室内戦では1度に1体しか攻撃できなくなってしまう。

槍の特徴

"槍"
刀装を無視して直接ダメージを与える
槍の一番の特徴として、刀装をつけた状態の敵に対してもダメージを与えられる。

刀装はステータスを上げる効果に加え、刀装をつけている最中はHPを削ることはできない。

刀装が非常に硬いがHPが少ない相手などと相性が良いため、槍キャラで攻撃してダメージを与えていこう。
夜戦が苦手で打たれ弱い
長い武器であるためか、夜戦では太刀などと同様弱体化されてしまう。さらに盾兵を装備することができないため、攻撃されると大ダメージを受けやすい点に注意。

手入時間もかなり長めのため、可能な限り傷つけられないよう立ち回っていこう。

薙刀の特徴

"薙刀"
6体を同時に攻撃可能
薙刀の一番の特徴として、一度の攻撃で6体の敵全てを攻撃できる。

その分火力は低めなため、同じく複数の敵を攻撃できる太刀や大太刀と比べると採用優先度は下がる。

格下相手に対して相性が良く一気に倒すことが可能だ。
レベル上げなどで大活躍できる
一度に複数の敵を攻撃できることから、育成できていないキャラとのレベル上げで非常に役立つ。

高レベルの槍キャラ+低レベルキャラ5人で編成し、槍の攻撃で一気に敵を倒して経験値を稼ぐことが可能だ。
夜戦では強みがなくなる
太刀や大太刀などと同じように、夜戦では大きく能力が弱体化してしまう。さらに一番の特徴であって複数攻撃も弱体化し、一度に1体しか攻撃できなくなってしまうぞ。

剣の特徴

"剣"
神技を発動できる
通常攻撃とは別に特別な力「神技(しんぎ)」を発動することができる刀剣。

キャラによって所持している神技は違っており、発動するには条件も存在している。

現時点で存在している剣キャラ「白山吉光」は「治癒の力」を発動でき、味方のHPと刀装を回復できる神技を持っているぞ。
神技にはデメリットも存在している
非常に強力な効果を持つ神技だがデメリットも存在している。

「白山吉光」の場合、神技を発動させると攻撃ができず大きく疲労してしまう。神技を使用したことにより逆に不利にならないよう、使うタイミングには注意して神技を活用していこう。
どの場面でも採用しやすい
単体攻撃ではあるが遠戦では銃・弓が使用でき、夜戦では統率を強化される。

どの場面でもステータスが弱体化されることなく動きやすい性能となっているため、所持していたら積極的に採用していこう。


関連スレッド

【刀剣乱舞】刀剣レシピ報告スレッド
刀剣乱舞しりとり雑談所(第3支部)
【刀剣乱舞】習合総合スレ

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)