パワプロ2020のスイッチとPS4の違いやおすすめをまとめています。パワプロ2020のスイッチ版とPS4版のどちらを購入するか迷っている方は是非ご覧ください。

スイッチとPS4の違いは?
違いの早見表
スイッチPS4
価格(通常版)6,980円7,980円
価格(パワフルED)8,980円9,980円
オンラインプレイ時
に必要なサービス
switch onlinePS Plus
早期購入特典なし稲穂亜希
持ち運び可能不可
画質
値段が異なる
スイッチとPS4ではソフトの値段が異なります。スイッチの値段は約7000円なのに対し、PS4版は約8000円になります。1000円ほど価格が異なるので、両方のハードを持っている場合は値段で購入するソフトを決めてしまうのもいいでしょう。

オンライプレイに必要なサービスが異なる
オンラインプレイ
パワプロ2020ではチャンピオンシップモードでオンライプレイを行うことができます。オンラインにはスイッチとPS4で別々の有料サービスに加入する必要があります。

1か月間のスイッチオンラインの料金は306円、PS Plusの料金は850円になります。オンラインプレイを楽しみたい方は加入するサービスの料金も考慮するといいでしょう。

早期購入特典が異なる【重要
早期購入特典
パワプロ2020には早期購入特典が付与されています。早期購入特典にはサクセススペシャルで使用できる「稲穂亜希」が同封されていますが、稲村亜紀の特典はPS4版にしか付与されていません。

早期購入特典が欲しいという方はスイッチ版ではなくPS4版を購入する必要があるので注意しましょう。

早期購入特典と予約購入特典の内容まとめ

利便性が異なる
スイッチとPS4では持ち運びの可不可や画質などの利便性が異なります。持ち運びに関してはスイッチしかできませんが、PS4の方は画質が高くきれいです。

外出先でやる場合はスイッチ、じっくり腰を据えてプレイする場合はPS4など、自身のプレイスタイルに合わせて購入するソフトを決めるのもいいでしょう。

スイッチとPS4はどっちがおすすめ?
無難なのはスイッチ版
スイッチ
スイッチとPS4のどちらかを購入しているか迷っている方はスイッチ版を購入するのが無難でしょう。スイッチ版は持ち運び可能でテレビに接続すれば据え置き機として利用することができます。

また、値段もPS4に比べてスイッチの方がお買い得なので、お財布にも優しくなっています。オンラインプレイに必要なサービス料金もスイッチオンラインの方が安いので、総合的に考えるとスイッチ版がおすすめです。

こだわりがある方はPS4版
PS4
PS4版は持ち運びができない代わりに画質が非常にきれいなのでじっくり腰を据えてプレイする際におすすめです。また、PS4にはトロフィーといわれるやりこみ要素があり、トロフィーを集めていくのも楽しみ方の一つです。

オンラインプレイに関してもPS4版の方が年齢層が高いため、ストレスなくプレイすることができます。そのため、パワプロをやりこみたいガチ勢の方にはPS4版がおすすめです。


関連スレッド

【パワフルプロ野球2020】雑談スレッド
【パワフルプロ野球2020】質問スレッド
【パワフルプロ野球2020】情報提供掲示板

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)