良い点
動きが綺麗(New3DSでプレイ)
マリオソニックどちらもキャラクターが多い。
3DS版のみ参戦しているキャラクターが6人もいる。(ソニックシリーズからオリンピック初参戦したクリームなど)
悪い点
3DS版はマリオとソニック以外は決められた競技でしかプレイ出来ない。
サッカーや100m走などcomAIが良く、comがいないフラフープ競技だとワンミスすると一位は取れなくなるなど一つ一つ難しいため、人により一位を取るために何度も永遠に繰り返す競技が出る場合があるため、本気を出してもいいですが、クリアのコツが分からず駄目なときは駄目なので、負けを覚悟で楽しく遊ぶのが先決かと。
全体的なレビュー
体験版をプレイしてみての感想ですが、体験版は、サッカー、100m走、フラフープのみ遊べるのですが、これら全てにおいて何度も本気を出しても一位を取らせてくれない場合がデフォルトなくらいある難しさでした。
ゲームですが、タイトルがオリンピックなので、本当の競技だから強い人は何度も勝つような現実的なオリンピックのような難易度を彷彿とさせている感じでした。

あとは人によりですが、キャラの動きが綺麗ということなので、そのためか競技とキャラの選択により、例えばフラフープなどは選んだキャラをズーム視点で表示されながら良く動くため、それが重なると見せてはいけない場所を完全に開いたりするのでR18要素あり(例えば過去にSEGAの18Rではないのにも関わらず、ワザップにも画像投稿しましたが、その部分を隠していますがチェンクロの魔神スクロロンの発した言葉のような感じで、リオオリンピックでもあるが、こちらは言葉でなく3Dグラフィックで見せてしまいます。他のゲームではソニックヒーローズでもありました。)なのですが、公式ではそのようなことは全く語られてはいません。
それと関係しているのか分かりませんが、過去オリンピックシリーズもeショップで売られていたのですが販売期間が短めなため気になる人は購入はお早めにしないとその年号のオリンピックタイトルは中古ショップなどでパッケージ版を買うほかには遊べなくなります。

まとめると
このゲームは一つ一つ全体的に難しいのですが、ストレスさえ溜めなければ本格的に挑戦する気持ちでもまったりでも遊ぶもよし、やはり難しいようであれば作り込みの良さで救いがあるのがもう1つのウリで、この3DS版リオオリンピックは、マリオソニックキャラクターの2016までのオリンピックシリーズの中では参戦数が一番多いのと、3DSの携帯機(New3DSでプレイ)ではあまりない珍しくキャラの細かな動きがこのゲームでは唯一良く見れるため、特にフラフープなどなら一人視点でズームされるためよそ見してキャラの動きを見る楽しみもあったりとおすすめできます。やはりオリンピックはマリオスポーツミックスなどと比べても難しいけど競技が多いので沢山やることがあるのがいいですね!

難しくてライト層に困難なため評価はマイナス1にしました。