新規ユーザー募集中!

ワザップ!は新しいユーザーを募集中です!ユーザーになるとレビュー・ニュース記事の投稿やメッセージ機能、コメント・各種評価の通知機能が利用できます。
 今後表示しない
閉じる
初代『MOTHER』に続き、コピーライター糸井重里がゲームデザインを担当したスパーファミコン用RPG『MOTHER2 ギーグの逆襲』

ゲームシステムは1994年発売当時隆盛を極めたドラゴンクエストに非常に似ているが、プレーの自由度が高い点や、会話の文章が非常に多いことが本作の特徴となっている。

また前作の世界観を引継ぎ、登場する地名や人物はアメリカンな印象を強く受ける。
主人公は「ぼく」、登場人物は「おんなのこ」「おともだち1」「おともだち2」(すべて名前の設定可能)など特徴はあまりないキャラで、いささか設定にチープな感を受けるが、それが本作の味のあるところでもある。


世界各地に8つあるパワースポットを訪れたり、出会った人達を助けたりしててストーリーを進めて行き、最終的には世界を救うために「ギーグ」という宇宙人を倒すという単純明快なストーリー。
しかし最後の最後まで「ギーグ」は登場せず、そこまでは淡々とストーリーを進めていくことになる。


戦闘はマップ上の敵にぶつかると開始。後ろからぶつかるか、前からぶつかるかによって先制攻撃できるかどうかが決まるなど、独特の要素が見られる。

いまだにマニアには根強い人気を誇る本作、スーパーファミコンが使える人はぜひともプレイしてみてはどうだろうか。

このゲームの情報を投稿する
メーカー任天堂
発売日1994年8月27日
他の機種 Wii U版
このゲームを購入する
今週-来週に発売されるゲーム
  • PS30本
  • WIIU0本
  • IOS22本
  • PS46本
  • N3DS0本
  • AND23本
  • PSP0本
  • X3600本
  • OTHER5本
  • PSV8本
  • PC1本
ゲームの販売スケジュールをみる
Wazap!トップページ
iOS
Android
PCゲーム
みんなで!カービィハンターズZ
Wii/Wii U/Switch
DS/3DS
PS3/PS4/PSVR
PSP/PSV
黒騎士と白の魔王