簡単なドリフト方法をのせておきます。
僕はランエボ6でこのテクを使いました。

エンジンについて
ダウンヒルではエンジン自体ほとんどチューンしません。
別にチューンしてもかまいません。
チューンした場合、タイヤがより滑るため、少しポイントが上がるかもしれません。
ヒルクライムの場合、パワーがないとタイヤが滑りにくいため、
エンジンのチューンは必須です。
できるだけ高レベルなパーツに設定しておいたほうが良いでしょう。

次にパワートレインですが、トランスミッションを交換します。
次セッティング画面でにファイナルギア比を加速側(右側)に変えます。
あまりやりすぎると、最高速が伸び悩み、うまくいきません。

そして、トルクの配分を変えます。
セッティング画面のアザーのところの下のスイッチをONにして
トルクの配分をフロントを40にしてリアを60にします。

次にタイヤですが、
乾いたのアスファルトの場合、スパイクタイヤのレベル3
雨で湿っている場合、スパイクタイヤのレベル5
雪道の場合、ウエットタイヤのレベル5
吹雪の場合、雪道と一緒
嵐の場合、雨で湿っている場合と一緒
にします。

これで設定完了です。
第一いろは坂で練習してください。
ドリフト方法は、主にサイドブレーキを使います。
まずアウト側を走り、カーブが見えたら十分に減速、サイドブレーキを少しかけ、
イン側に切り込むようにしてタイヤを滑らせます。(わかりにくい説明でごめんなさい)
こうすることで結構ポイントが取れます。

僕はこのテクを使って
オフィシャルレースのレベル10までを楽にクリアしました。

【!!注意!!】
これはオフィシャルレースやCAバトルなどで
多くのポイントをとるテクニックです。
もしこの状態でレース(SPバトルやタイムアタック)をした場合、高確率で負けます(藁
ですから、けじめをつけて(?)、レースのときはちゃんとその場に適した
チューニングをするように心がけましょう。
もちろん、タイヤも忘れずにお願いします。



では健闘を祈ります。

結果

分かりにくい説明があれば、ワザップのメールにてお答えします。


関連スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(6人) 立たなかった

100% (評価人数:6人)