基本的には敵が攻めてくるのを待って、
ある程度敵の特殊攻撃を受けてから総反撃、各個撃破です。

寝返り工作をして、攻めてこない部隊には手を出してはいけません。

田中吉政と藤堂高虎の大砲攻撃と、松平忠吉の鉄砲三段は注意する必要があります。
特に大砲攻撃攻撃力が大きいので、毛利・小早川あたりで受けないと厳しいです。

小早川秀秋は戦闘力も低く、なかなか言う事を聞いてくれないのですが、
10000の兵力と、敗走したあとの回復量は使えるので、
盾としてつかいます。毛利も同様です。

小西行長の鉄砲三段は強いです。
近距離からだと2000の可児才蔵を壊滅させてしまう事もあります。
兵を減らされるともったいないので、大事に使いましょう。

明石全登、宇喜多秀家はそこそこ強いですが、特殊能力がいまいちです。

戦闘が長引くと援軍は敵の方が数が多いので、
頃合いを見て総攻撃をかけましょう。

この戦いの勝敗でシナリオが分岐します。

関連スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(3人) 立たなかった

100% (評価人数:3人)