今度は、後編。残った技。
空N、リンクキック。ふっ飛ばし能力はあまりないが、技の出が速く、ふっ飛ばし能力の低さをうまく使えば連繋攻撃にもできる。出だしにあてたほうが威力、ふっ飛ばし能力ともにある。相手のダメージがかなり溜まっていればこういった威力の低い技を使っても簡単にふっ飛ばすことができる。
空前、回転なぎ払い。パワーがかなりあり、ふっ飛ばし能力も高く、前後ともに攻撃することができる。隙が大きいので、多用は禁物。キメに役立つ技。
空後、二段蹴り。パワーはあまりなく、ふっ飛ばし能力も低いが、ダメージが低い時に上にふっ飛ばしたあとにこれを使うと、ふっ飛ばし能力が低いためにさらにほかの技で追い討ちすることができ、空中ではコンボに繋げやすい。落ち際に使ってもはっきり言って使えない。
空上、上突き。パワーがあり、ふっ飛ばし能力もあり、リーチもあり、攻撃判定が強く、攻撃時間が長いのでたくさんの相手キャラを攻撃することができる。ただ、その攻撃時間の長さによって、空中にジャンプしたときに使っても次の攻撃につなげにくく、第3者に攻撃を受けかねない。そういうところに気をつけて使った方がいい。使いやすい技。
空下、下突き。パワーが強く、ふっ飛ばし能力も高く、攻撃判定も強く、攻撃時間が長い。だが、実際にあてることができるのは2回だけで、そのあとは隙だらけになってしまう。これも、そういうところに気をつけて使った方がいい。空中攻撃は、攻撃しながら着地する時は全て着キャンをする。そうしないと下突きなんて隙だらけになって狙われ放題になるからである。
NB、ブーメラン。パワーが低く、ふっ飛ばし能力が非常に低いが、この技を使った後の相手キャラはほとんど身動きが取れない。そしてそのふっ飛ばし能力の低さから非常にコンボに繋げやすい。だが、投げるとき・キャッチする時の隙が大きいのでなるべく隙を減らすために近くで使ってキャッチの隙を無くしたりなど工夫して使う必要がある。慣れれば非常に使い方が多く、役に立つ技。
上B、回転斬り。パワーがあり、ふっ飛ばし能力もあり、攻撃範囲がかなり広い。だが、使い終わったあとの隙がかなり大きい。相手がシールドを張っている時に地上で使ったら自殺行為と言ってもいいだろう。相当隙が大きく、狙われ放題だ。
下B、爆弾。この技は特別な技で、投てきアイテム扱いの爆弾を出す。使いこなしの幅が非常に広い。例をいくつかあげてみる。1、爆発する時に上Bをする。2、ふっ飛ばされる前に持っておき、復帰の上Bを2回する。3、相手が強い攻撃をしてこようとしたときに投げて、強い攻撃を爆弾で潰す(自分は爆弾のダメージしか受けない。爆弾の爆発の判定はどんな攻撃の判定も潰せる。攻撃を爆弾にあてさせ、爆弾を盾にするということ)。4、タイム制乱闘で、相手にポイントを与えないようにふっ飛ばされたら爆弾の爆発をくらう(自滅ポイントになる)。などだ。これ以外にもいろいろな使い方があるはずだ。自分で探してみるといい。
つかみ、フックショット。遠くまでとどく特別なつかみ。だが、隙が非常に大きいので遠くからつかむなど工夫しないとうまくつかめないことが多い。
前投げ、蹴り飛ばし。パワーがあり、ふっ飛ばし能力もある。蹴り足をほかの相手キャラにあてるとそのキャラも一緒に攻撃できる。
後投げ、後方蹴り飛ばし。ダメージ、ふっ飛ばし能力以外は基本的に蹴り飛ばしと変わらない。
これでリンクの全ての技の攻略が終わった。

結果

リンクの技攻略!


関連スレッド

新アイテムを作ろう
大乱闘スマッシュブラザーズ 3DS Wii-U 総合スレ
みんなで大会をひらいてみよう!

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(5人) 立たなかった

100% (評価人数:5人)