努力値について

固体値最大、コンテスト値最大、ポケルスは見た目でも分かり、かなり出回っているので知っている方は多いと思いますが、
隠しパラメータの努力値はあまり知られていないようです。
努力値はタウリンなどを使ったときに増える「きそポイント」のことです。

HP,こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさそれぞれに最大252くらいまでためることができます。
ポケモンを倒すごとにHP+1、こうげき+1のように追加されていきます(見た目ではわかりません。多いとレベルアップ時に対応したパラメータが増えます)。
倒したポケモンごとにもらえる努力値が異なります(ジグザクマ:すばやさ+1、ケムッソ:HP+1、ポチエナ:こうげき+1)。
ただし、合計510を超える値まではためることができません。
レベル100になってしまうと、510までたまっていなくても努力値はもらえなくなります。
増やしたいパラメータに対応したポケモンを集中的に倒しまくるとレベルアップ時に好きなパラメータを効率的に伸ばすことができます。

例:グラードン   HP158、こうげき149、ぼうぎょ122、とくこう96、とくぼう89、すばやさ107 をレベルアップさせた場合(レベル45、せっかち)

努力値0   → HP161、こうげき152、ぼうぎょ125、とくこう98、とくぼう91、すばやさ109

努力値510 → HP166、こうげき166、ぼうぎょ125、とくこう98、とくぼう102、すばやさ138

これはタウリン10個などでこうげき、とくぼう、すばやさに努力値をプラスしてすばやさに入る努力値を最優先してジグザグマを倒しまくった例です(+ケムッソ、ポチエナ少量)。

タウリンなどでためることができる努力値は100前後までですので255にするにはバトルで増やすしかありません。
(ポケルス、きょうせいギプスを併用すれば効率的に増やすことができます)
ホームページなどでものすごくパラメータの高いポケモンの画像を見かけたりしますが、あれは努力値を全て255(合計1530)ほどまで改造で高めているためです。
正規の値の最大510を超えているため、ポケモンコロシアムなどで使うことができなくなっております。

努力値が高いとパラメータも高くなりますのできちんと育てる場合はかなり大変だと思います。
(バトル無しでそだてや、ふしぎなアメのみで育てた場合、パラメータが低く感じるのはそのためです)

関連スレッド

色んなポケモンのおかしいところ
実際に欲しいポケモン
トレーナーの名前

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(10人) 立たなかった

100% (評価人数:10人)