ガノトトスは大型のモンスターで動きが鈍く攻撃力が高いのが特徴です。
この手のモンスターは一撃が重いので、攻撃を受けないことが重要になります。

オススメ武器は大剣・片手剣です。
どちらも相手の動きに対応しながら一撃ずつ攻撃できるので、慣れない方にはおすすめです^^

初めのうちは討伐に時間がかかる事もあって、エリア移動をされると厄介です。
そのため、夜の砂漠で戦う事をおすすめします。
夜はガノトトスがエリア6へ行けなくなっており、常にエリア7にしか移動できなくなります。

さらにガノトトスが一定時間毎にエリア移動しようとすると、エリアは切り替わりませんがハンター未発見状態になって戻ってきます。

釣りカエルで釣り上げるチャンスも大幅に増えるので、有利な事この上なしです。

〜特徴〜

「水ブレス」
陸上では縦方向、水中では更に横方向にもなぎ払うようにブレスを吐きます。
縦ブレスは直線なので避けるのは簡単ですが、フィールド全域にまで飛んでくるので距離をとって打ち消すことは出来ません。

横ブレスはある程度距離が離れていれば届かず、ガノトトスの目の前にいても当たりません。(ガノトトスが岸ギリギリに浮上したときに限ります)

どちらも高威力です。

「体当たり」
近距離での攻撃範囲とリーチに優れ、不意に出されると避けきれないこともあります。

ガノトトスはハンターが右側(こちらから見て左側)にいるとこの攻撃を頻繁に繰り出します。
また、ガノトトスの右側にいると、とっさに股下に逃げ込んでも食らいやすくなります。

顔の下辺りなら当たりませんが、範囲が微妙で慣れないと難しいです。

早めの回避を心掛けましょう。

「回転尻尾攻撃」
思いのほかリーチの長い尻尾攻撃です。
この攻撃はガノトトスの股下にいると当たりません。

また、回転尻尾攻撃中は股下に陣取ると攻撃し放題ですが、すぐに体当たりに切り換えられるので連続攻撃に固執し過ぎないようにしましょう。

「腹すべり」
不意に出してくる突進です。音爆弾や時間経過で水中から出てくる時なども行います。

直線的な攻撃ですが巨体ゆえ攻撃範囲が広いので、避けられるかどうか微妙な時は迷わずガードしましょう。

〜攻略〜

弱点部位は「首・腹」で、「尻尾・足」にもそこそこの効果があります。
弱点属性は「火・雷」です。

また、ガノトトスは麻痺の耐性がとても低いので麻痺属性も非常に有効です。
効果時間は10秒程ですが、「デスパライズ」などの麻痺属性武器があれば有利に戦えます。
(デズパライズなら4回で最初の麻痺状態にでき、耐性上昇後も頻繁に麻痺状態にできます)

序盤のガノトトス戦は、武器の威力が低いこともあって時間がかかりがちです。
武器攻撃だけでは時間オーバーも多々あるので、大タル爆弾を活用しましょう。
ガノトトスは火属性に弱いため、他のモンスターより大タル爆弾の効果が高くなります。

大タル爆弾は6〜8個当てるとだいぶ楽になります。
調合書を持って罠と大タル爆弾を現地で調合しつつ戦いましょう。(相手が水中にいるときが補充しやすいです)


まずは水中から引きずり出すことが先決です。
水中から引きずり出す方法は「音爆弾」と「釣りカエル」の2つがあります。

水ブレスを吐こうと水中から半分身を乗り出した時がを音爆弾を当てるチャンスです。
たまに音爆弾を当ててもすぐには出てこない時もありますが、少し待って様子を見ていると飛び出してくることもあります。

また、飛び出さずにそのままエリア移動する場合もあります。

エリア移動の後などこちらが見つかっていない時は、釣りカエルで釣り上げるチャンスです。
音爆弾だけに頼ると数が足りなくなるので、釣りカエルは大切です。

釣り上げると多少のダメージを与えられるうえ、数秒間もがいて無防備になるので攻撃のチャンスが増えます。

また釣り上げた時にうちあげられる場所は決まっているため、あらかじめ大タル爆弾を設置しておくのも効果的です。

落とし穴は「水中に帰るときのポイント=釣り上げてのたうち回る場所」に設置しておき、釣り上げた時や水中に戻るときに落ちるようにすると効果的です。
ガノトトスは陸上では余り動かないので、罠はピンポイントで仕掛けないと無駄になりがちです。


武器での攻撃方法はヒット&アウェイです。
大剣なら武器出し攻撃をメインにした一撃離脱、片手剣なら「飛び込み斬り→斬り上げ」の2連撃ぐらいで止めてステップに繋げるのが有効です。

攻撃のチャンスは「水ブレス」を吐いている時が安全かつ効果的です。(ガノトトスの正面〜左寄りにいると、この攻撃を繰り出す事が多くなります)
水ブレスを吐いている間は頭が下がるので、横から弱点である「首」を狙いましょう。
ワザと正面に立って水ブレスを誘うのも有効です。

基本的な攻撃チャンスはこの一つだけですが、地上では水ブレスを吐く頻度が非常に多いので攻撃する機会は少なくありません。
また釣りカエルで釣り上げることにより、攻撃のチャンスが増えます。

大型モンスターに連続攻撃は禁物です。連続攻撃に固執すると、手痛い反撃を受けてしまいます。
大型モンスターは攻撃力が高いので、相手の攻撃は出来るだけ回避したいところです。

また、反撃を受け死亡したりダメージを受けて頻繁に体力を回復していると、余計な時間を食ってしまいます。
武器の弱い序盤では時間ロスがタイムオーバーに繋がりやすいので、無理はしないよう的確に行動していきましょう。

連続攻撃は罠や麻痺などで動きを封じた時に行いましょう。

慣れないうちはかなり時間が掛かるかも知れませんが、諦めなければ必ず倒せます。
慣れてくるに従いと大タル爆弾の使用数も減り、「デスパライズ」だけでも十分に戦えるようになります^^
雷属性や火属性の武器を生産できるようになると、更に討伐しやすくなります。


また、時間が無いようなら「捕獲」で終わらせてしまうのも手です。
捕獲用麻酔玉とシビレ罠だけならアイテム欄も負担になりませんし、取り敢えず持っていけば捕獲しないまでも攻撃チャンスを増やすために使えるのでオススメです。

捕獲の目安は背ビレが横に倒れた時ですが、背ビレが立っている時との違いが少し分かりづらいかも知れません^^;
また、背ビレは破壊が可能な部位なので、背ビレを破壊してしまうと更に分かりづらくなってしまいます。

背ビレは「腹」を攻撃し続けると破壊できます。
従って、捕獲狙いや保険をかけて捕獲も考慮している場合は弱点でもある「首」を集中して狙いましょう。

序盤のガノトトス戦は時間をロスしないことが最も重要です。

〜攻略のコツ〜

1.音爆弾だけでなく釣りカエルも活用
2.序盤は大タル爆弾必須
3.時間のロスを少なくするため、武器攻撃で無理をして反撃を受けない。

釣りカエルは密林のエリア3で無限に採取できます。
エリア7に繋がる場所のやや左側、灰色の大きめの石が採取ポイントです。
(温暖期で76% 繁殖期で23% 最大所持数は10個)

〜総括〜
ガノトトスなどの大型モンスターは、攻撃にかまけがちな頃には手強い相手になります。
このクラスのモンスターを倒せばその経験が後半戦にとても活きてきます^^

相手に慣れ、的確な立ち回りが出来ればスキルやタル爆弾が無くても「デスパライズ」一本で倒せるようになります。

討伐までの時間も30分掛かりません^^

結果

初めは倒せなくても、何度か戦って相手に慣れておきましょう。時間をロスせずに的確に攻撃出来れば45分以内には必ず勝てます。ガノトトスとの戦闘経験はグラビモスやモノブロスなどの大型飛竜との戦い全てに活きてきます。


関連スレッド

モンスターに助けられた瞬間
モンハンしりとり
モンスターハンターの感動した瞬間

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(40人) 立たなかった

98% (評価人数:41人)