三角計算はこのようになっていますよね
例  1 2 3
    + +
     +
普通の手順でやると
1:1+2=3
2:2+3=5
3:3+5=8
4:答え8ですがもっと簡単にできる方法があります。
手順(この手順は上の例の場合です。)
1:2を2倍する。
2:あとは左から1+2×2=4なので4+3=1+4+3=8
新しい手順だと2回ですみます。
普通の手順の答えと一致していますね。なので新しい方法でも良いことが分かります。ただしこの方法は少し慣れが必要です。最初は遅くなるかもしれませんが参考にどうぞ。
既出でしたらすいません。

関連スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)