展示品名:『紅蓮』
〔解説文〕
性能よりも、その刀身の美しさが評判を呼び、長く珍重された刀。
非常に軽く、二刀同時に使用するのにも適している。
その輝きは幾多の年を経ても変わることなく、きらめくさまは揺らぐ炎のようである。

展示品名:『プリンセス・アンリエッタ』
〔解説文〕
伝説の大富豪ロシュフォールが、たまにしか会えない愛娘のために作らせたというバラ。
美しく、香りも強いが、重ねすぎた品種改良の結果、非常にデリケートな花となり、栽培するのがむずかしくなった。
その栽培方法は、ロシュフォール家の執事を代々つとめたという一族の秘法となっている

書籍名:『モンスター図鑑』 [古い本]
〔書物の一部〕
……絶滅したと言われていた幻のモンスター・飛炎が、カードに封じられて、その力を残していた事がわかったの。
力を解放してあげたら、元気に空を飛んで行ったわ。
大切に育てれば、いつかまたたくさんの飛炎が、大空を自由に駆ける姿を見られる日が来るのかもしれない。
でも……飛炎は成長した姿しか見たことがないわ。
どんな風に生まれて、どうやって育つのかしら?

書籍名:『魔法の研究』 [古い本]
〔書物の一部〕
マーシア・アクイ・クォーツ著
ルーサで学ぶ自然魔法は、自然の力をある一点に集め、操り、発動させる魔法です。
そのためには、心を落ち着かせ、技に集中する必要があります。さらに、自然に対する感謝の気持ちを忘れることはできません。
そういった意味では、魔法とは、技を高めるのではなく、自分自身の人間性を豊かにすることが、最も重要であると言えるでしょう。
魔法には他に、精神集中によって自分の力を最大限に引き出すものがあります。「気」を呼ばれるものの一種です。
また、精霊の力を授かった者は、精霊魔法と呼ばれる力を使えるそうです。

書籍名:『不思議な迷宮と魔法使い』 [古い本]
〔書物の一部〕
……むかしむかし、あるところに魔法使いの老人が住むと言われる迷宮がありました。
しかし、いったんそこに入ってしまうと、無事に戻れた者がいないという危険な迷宮です。
ある時、勇敢な若者たちがこの迷宮に挑戦しました。
そこはとても不思議なところでした。
通る者をぐるぐる迷わせる道や、取ろうとすると逃げてしまう宝箱、
そして、自分そっくりの姿がたくさん現れる部屋などが、彼らの行く手をを阻みます。
しかし、若者たちは力を合わせてこの試練を乗り越え、迷宮の最も深いところにたどり着いたのです。
そこには……長い長い時を過ごしてきた伝説の魔法使いが、封じられた記憶を守っていました。
若者たちは彼から知恵を授かり、旅立ちました。
やがて、若者たちが旅を終え再びこの場所にやって来た時、そこには迷宮の影も形もなく、魔法使いの老人もいませんでした。
ただ野原の一面に、花が咲いているだけだったのです。

書籍名:『「ちょこの日記」研究』
〔書物の一部〕
……古来より謎の文書として注目されているものの中でも、ひときわ異彩を放っているのが「ちょこの日記」と呼ばれる古文書である。
この謎の人物「ちょこ」については、H.ルーシーやI.W.カーターなどの考古学者たちが生涯取り組んだ研究テーマであったが、現在もなお、その謎は解明されていない。
これまでの調査により、この日記は長い中断をはさみながらも、およそ1500年にわたってつづられていることが判明している。
到底ひとりの人物の手によるものとは考えられない。
したがって、「ちょこ」とは個人名ではなく、何らかのプロジェクト名ではないか、という説が有力である。
もし、これがひとりの手によるものだとすれば、当然、人間以外の生き物ということになろう。

書籍名:『写本・ちょこの日記』
〔書物の一部〕
○月×日 はれ
お天気がいいからおひるねしたの。
ハンバーグをたべるゆめをみたの。
おいしかったのー。
おかわりしたところで
目がさめたから
あしたつづきをたべるの。

○月×日 くもり
ちょここれまでに
いっぱいぼうけんしたのー。
おともだちもたくさんできたの。
みんなでいろんな
ところに行ったの。
海にも行ったの。
ラマダ山のてっぺんで
おにぎりもたべたの。
ひえんにのってお空もとんだの。
でもなかなかおとなにならないの。

○月×日 あめ
たくさんあめがふってきたから
ひさしぶりにつぼの中で
おひるねしたの。
つぼの中はくらくてまるくて
とってもねごこちがいいのー。
だからしばらくつぼの中に
いることにしたの。
それでだれかが呼びにきたら、
またぼうけんするのー。
こんどはだれが呼びにくるのかな。
たのしみにしてるのー。
わくわく。

関連スレッド

【アーク ザ ラッド 精霊の黄昏】 雑談スレッド
フレンド募集スレッド
質問スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(2人) 立たなかった

100% (評価人数:2人)