高速ダンク
チャージダンクの体勢に入った後、素早く下にスライドしてダンクを決めるワザです。
後半のほとんどのCPUはこのワザを使ってきます。
アッパーカットではじかれる前にダンクを決めてしまいましょう。



時間差ダンク
タイプがトリッキーのキャラクターには、一部においてダンクの待機時間が長いキャラがいます。
それを利用して、アッパーカットからタイミングをずらしてダンクを叩きこみます。
また、チャージダンクからずらすことも可能ですが難しいといえるでしょう。



フェイントダンク
ダンクをするとみせかけて、味方キャラへボールをパスカット。
相手を散した後、そのままダンクを叩きこみます。



ツイントリックムーブ
連続でトリックムーブを行うワザです。
後半戦のCPUはブロックワークとカットの守りが堅くなってくるので、
このワザの重要性も高くなってきます。



テクニカルダンク
スペシャルショットの体勢をとったあと、すぐに中断して
トリックムーブで相手選手をかわした後、ダンクを叩きこみます。
上手くできるようになると、ダンクが決めやすくなるかも。



ジャンピングカット
ジャンプボールをチャージカットで奪ってしまうワザです。
アッパーカットに代用しても良いでしょう。
純粋にジャンプボールをキャッチしてしまうより、こちらで奪い取る方がラクですね。



アンパスカット
仲間キャラをチェンジした後、カットするワザです。
トリックムーブでかわされてしまっても、このワザで粘るべし。



チャージダンクアンドコイン
チャージダンク中にタッチペンを素早く円を描くようにこすると、
最低でも10ポイント、最高25ポイント稼げます。
終盤では使えないかもしれませんがクッパがチャージダンクするときや、ディフェンスがいないときにすると、
より多く稼げれるとおもいます。

もし、カットされそうになったら、敵がジャンプしたときにさっと下にこすって、中断しましょう。

関連スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)