まず、それぞれのステラツィオ物語です。

星宮アリエス
『アリエスたちは12人。
 ヴァルゴの心をつかむため、
 みんな色々かんがえた。
 アリエス、東にたびに出た。』
  =ステラツィオものがたり=

星宮タウロス
『タウロス、一つかんがえた。
 ヴァルゴに何かプレゼント。
 野をかけ山こえみつけたものは、
 夜空にかがやくいちばんぼし』
  =ステラツィオものがたり=

星宮ジェミニ
『ジェミニは小川でかんがえた。
 ここからすてきなうたをおくろう。
 どこにいるのかわからない。
 けれどもきみにとどくといいな。』
  =ステラツィオものがたり=

星宮キャンサー
『キャンサー、ヴァルゴのいる岬、
 そこを目指してまっしぐら。
 もうすぐ海に日が沈む。
 そしたらキミにあえるかな?』
  =ステラツィオものがたり=

星宮レオ
『レオはずうっとまっていた、
 海に夕日が沈むのを。
 そしたらキャンサーやってきて、
 とっくみ合いしてふたりでドボン!』
    =ステラツィオものがたり=

星宮ヴァルゴ
『夕日が海に沈む岬、
 ヴァルゴは一人でつぶやいた。
  わたしののぞみはただ一つ。
  あなたと今をすごしたい…』
  =ステラツィオものがたり=

星宮リーブラ
『リーブラはいつもへそまがり。
 お日さまあっちに向かったら、
 リーブラはこっちに行くという。
 果たしてヴァルゴにあえるのか?』
  =ステラツィオものがたり=

星宮スコーピオ
『スコーピオはおくびょうで、
 いっつも自分のカゲ見てた。
 今日こそカゲに、せを向けよう!
 さか道どんどんのぼっていった』
  =ステラツィオものがたり=

星宮サジタリウス
『サジタリウスは北風を、
 その右ほほに受けながら、
 ヴァルゴをさがして夜をゆく。
 その右ほほに冷たいしお風』
    =ステラツィオものがたり=

星宮カプリコーン
『カプリコーンはせっかちで、
 お日さま向かってまっしぐら。
 お日さまてっぺんのぼったら
 つかれてその場で眠りこけ』
   =ステラツィオものがたり=

星宮アクエリアス
『いちばんおくれたアクエリアスは
 やぶれたみんなにききました。
  誰がヴァルゴにキスをした?』
   =ステラツィオものがたり=

星宮パイシーズ
『パイシーズはいいました。
  つづきはあいつが知ってるさ。
  さきにいきなよ、あいつの所に。
  ヴァルゴの選んだあいつの所に。』
   =ステラツィオものがたり=

あらすじを簡単に説明すると——
『12星座の紅一点ヴァルゴ(乙女座)はみんなにモテモテです。男共11人は、ヴァルゴの心をつかむため、みんないろいろ考えた。はたして、ヴァルゴが選ぶのは?』といった感じです。

ひとつひとつ、物語を検証します。

アクエリアス(水瓶座)
どうやら彼はヴァルゴの所に最後に到着したようです。
遅れた彼は、 誰がヴァルゴにキスをした? と、みんなに聞いています。
どうやら、彼は違うようです。


パイシーズ(魚座)
ヴァルゴの選んだひとのことをあいつと言っています。
つまり、彼も選ばれなかったようです。


キャンサー(蟹座)
彼は、ヴァルゴがどこにいるのか知っているのでしょうか。
岬を目指してまっしぐらです。
もしかすると、彼なのでしょうか?


レオ(獅子座)
彼も、多少知っているのか海に夕日が沈むまで待っているようです。
しかし、キャンサーがやってきてどうやら取っ組み合いして海に落ちてしまったようです。
この時点で2人とも違うようです。


アリエス(牡羊座)
彼についてはあまり書かれていませんが、どうやら東に旅に出たようです。
東は日が昇る方角ですね。
夕日が海に沈む岬に行かないといけないのですが、どうやら反対方向へ行ってしまっているようです。


リーブラ(天秤座)
彼は、へそまがりなようで、どうやらお日さまが移動する方向と逆に進んでしまいました。
彼も反対方向に行ってしまったようです。


カプリコーン(山羊座)
彼はせっかちなので、お日さま向かってまっしぐらです。
お日さまに向かっていると言うことは日が沈む方向へ向かっていると言うことですね。
もしかすると彼なのでしょうか?
しかし、お日さまがてっぺんにのぼったら、眠りこけてしまうようです。
彼も違うようです。


サジタリウス(射手座)
彼は、北風を右ほほにうけながら進んでいます。
北から吹いてくる風を右で受けているということは、西へ向かっているということになります。
彼も日が沈む方向へ向かっています。
しかし、夜に行動しているようです。
夕日が海に沈む岬は見つけられるのでしょうか?


スコーピオ(蠍座)
彼は、おくびょうでいっつも自分のカゲを見ていたようですが、考えを改めて、カゲに背を向けました。
カゲが後ろにできると言うことは、お日さまの光を正面から浴びることになります。
つまり、お日さまに向かっていってます。日が沈む方向です!彼が選ばれし者?


さて、ヴァルゴはこんなことを言っています。

—わたしののぞみはただ一つ。あなたと今をすごしたい…—

赤色で書いてあることから考えて重要なヒントになっていると思われます。
普通、こんなことを言っていてもプレゼントされればうれしいものだとは思うのですが、
“余計な小細工しないで、ただ私に会いに来てくれればそれでいい”と言う意味でとらえてみたいと思います。

タウロス(牡牛座)
彼は、ヴァルゴにプレゼントを考えているようです。
野をかけ山こえ、夜空にかがやくいちばんぼしをプレゼントしようとしています。


ジェミニ(双子座)
彼は、ヴァルゴのためにすてきなうたを作ったようです。
そのうえ、どこにいるのかわからない けれどもきみにとどくといいななどと悠長なことを言っています。


さて、全員の検証が終わったのですが、可能性があるのは一人だけですね。そう、『スコーピオ』です。


さて、ヴァルゴはスコーピオを選んだのですが、結局13個目はどこにあるのでしょうか。
パイシーズがこんなことを言っています。

  『つづきはあいつが知ってるさ。
   さきにいきなよ、あいつの所に。
   ヴァルゴの選んだあいつの所に。』

“あいつの所”というのを、星宮スコーピオを拾った場所と考えて、その場所に行ってみました。ちょうど、スコーピオが落ちていた部分を調べると…。
13個目のステラツィオ、ありました。

その名も、オフィユカス(蛇遣座)

12星座に新しく加わったオフィユカスは、仲間に入ってまだ間もないためか、ヴァルゴに恋愛感情を抱かなかったのでしょうか。
このステラツィオものがたりは彼が書いたものだったのですね。
ものがたりはこう締めくくられています。

 『きのうもあしたもわからぬけれど、
  ヴァルゴとスコーピオ、キスをした。
  今この夕やけが2人のすべて』

結果

これで、ステラツィオが13個揃いました。


関連スレッド

FFIXみーてぃんぐるーむ
FF9 色々語りましょ(≧∇≦)

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(16人) 立たなかった

100% (評価人数:16人)