[エイリーク] (左)

ゼト。▼
[ゼト] (右)

どうかなさいましたか、
エイリーク様?▼
[エイリーク] (左)

傷の具合は大丈夫ですか?▼
城から落ち延びる時、
あなたは私をかばって深手を・・・▼
[ゼト] (右)

あの時は・・・
お見苦しいところをお見せしました。▼
ですが傷はもうふさがっています。
戦いに支障はありません。▼
[エイリーク] (左)

待って。
見せてください。▼
傷口はふさがっていても、
まだ治りきっていないのではありませんか?▼
[ゼト] (右)

・・・・・・▼
なぜ、そのように思われたのです?▼
[エイリーク] (左)

あなたの戦いは、以前と同じ
素晴らしいものです。▼
ですが槍を振るう時、時折
鋭い痛みに耐えているような・・・▼
傍であなたを見ていて、
そのように見えたものですから。▼
私の勘違いであればよいのですが・・・▼
[ゼト] (右)

・・・エイリーク様。
どうかご安心ください。▼
私の傷は癒えています。
心配なさることは何もありません。▼
[エイリーク] (左)

そうであればよいのですが・・・▼
あまり無理はしないでください。
お願いします。▼
あなたがいてくれなければ、
私は旅を続けられないのですから・・・▼
[ゼト] (右)

はっ・・・勿体ないお言葉です。▼                                                                   エイリーク] (左

ふっ・・・▼
[エイリーク] (中央左)

はっ!▼
[エイリーク] (左)

どうでしょうか?▼
[ゼト] (右)

お見事な剣さばきです。▼
また腕を上げられましたね。▼
[エイリーク] (左)

ありがとう。▼
ちゃんと毎日訓練をしないと、
兄上に叱られてしまいますから。▼
でもゼト、あなたの剣技には
まだまだかないませんね。▼
[ゼト] (右)

・・・いえ、そのような。▼
[エイリーク] (左)

今度、あなたの剣技を
教えてくれませんか?▼
私が兄上から教わった剣技は、
槍を基調としたものだそうです。▼
ルネス騎士の剣技も学ぶことができれば、
きっと私はもっと強くなれます▼
そうすれば、あなたの戦いを
助けることもできるでしょう。▼
[ゼト] (右)

ですが・・・▼
エイリーク様はあまり
前線に出られるべきではありません。▼
エイリーク様はルネス王国の王女。
戦いは私にお任せいただければ・・・▼
[エイリーク] (左)

でも・・・▼
あなたが危険な戦いをしているのに、
私が遠くで見ているだけなんて・・・▼
あなたに守られてばかり
いるわけにはいきません。▼
これからは私があなたを守ります。
だから 見ていてください。▼
[ゼト] (右)

エイリーク様・・・▼                                                                                        [エイリーク] (左)

ゼト、少しいいでしょうか?▼
よければまた剣の訓練に
付き合ってくれますか?▼
[ゼト] (右)

・・・エイリーク様。▼
その前に、
お話ししておきたいことがあります。▼
[エイリーク] (左)

なんでしょうか?▼
[ゼト] (右)

ご無礼を承知で申し上げます。▼
近頃のエイリーク様は・・・
臣下である私に近すぎるようです。▼
ルネス王国の王女として、
望ましい態度ではありません。▼
[エイリーク] (左)

そんな、私はただ・・・▼
それにあなたの傷はまだ治っていません。
だから・・・▼
[ゼト] (右)

確かにルネス城陥落の日、
私が身体の内に負った傷は・・・▼
まだ、癒えてはいません。
おそらく一生癒えることはないでしょう。▼
ですがそのことで、エイリーク様が
私に負い目を感じておられるのだとしたら、▼
それは誤りです。
そのような感情は持つべきではありません。▼
[エイリーク] (左)

ですが、あなたは私のために・・・▼
[ゼト] (右)

エイリーク様。
あなたはルネス王国の王女です。▼
王族である者は常に、
臣下には等しく接さねばなりません。▼
情によって臣下を
重く遇するようなことがあれば、▼
他の者たちは、主君への忠誠を
失うことになりましょう。▼
[エイリーク] (左)

・・・・・・▼
[ゼト] (右)

国を担う者は、人である以上に
王でなければなりません。▼
時には勝利のために情を断ち、
臣下を捨て駒としなければならない。▼
それができぬ者に、
王である資格はないのです。▼
[エイリーク] (左)

・・・・・・▼
わかりました・・・▼
ゼト・・・
あなたの言う通りです。▼
私は王女であることを忘れ、
浮かれてしまっていたようです。▼
どうか許してください。▼
[ゼト] (右)

・・・・・・▼
[エイリーク] (左)

あの夜・・・
グラド兵に追われて城から逃げる時・・・▼
あなたが私を強く抱きしめ、
敵の刃から守ってくれた時・・・▼
私はあなたに・・・憧れのような感情を
抱いてしまったのかもしれません。▼
ですがそれは・・・ルネス王女が
持つべき感情ではありませんでした。▼
私はルネス王国の王女。
あなたは王国の騎士。▼
それがわからなければ・・・
祖国再興など果たせるはずもありません。▼
[ゼト] (右)

はい。おわかりいただければ
それで結構です。▼
では・・・▼
[エイリーク] (左)

・・・・・・▼
[ゼト] (右)

エイリーク様。▼
最後に一言だけ、お許しください。▼
[エイリーク] (左)

ゼト・・・?▼
[ゼト] (右)

・・・あの夜、▼
私も、あなたと同じ気持ちでした。▼
エイリーク様を腕の中に抱き、
馬を走らせている間・・・▼
私は叙勲を受けてから初めて、
騎士であることを忘れました。▼
ルネス王国ではなく、
ただあなたを守りたいと・・・▼
何もかも捨て、このままどこかへ
二人で逃げてしまいたいと・・・▼
そう思いました・・・▼
[エイリーク] (左)

ゼト・・・▼
[ゼト] (右)

お許しください。▼
二度とこのような過ちを、
繰り返さないとここに誓います。▼
それでは、私はこれで。▼
次にお会いする時は、
ルネス騎士として・・・▼
この身を賭して、
あなたをお守りいたしましょう。▼
[エイリーク] (左)

ゼト・・・▼

関連スレッド

【ファイアーエムブレム 聖魔の光石】 雑談スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(3人) 立たなかった

100% (評価人数:3人)