▽7〜9月,平地の池や沼に多い。腹部第8節の両側に半円形の葉状片があり,うちわ状をしているのが特徴。雄は,水辺の棒の先などにとまってなわばりをつくる。雌の打水産卵の間,雄は上空を飛びながら産卵警護する。体長:70mm内外。後ろ羽の長さ:45mm内外。分布:本州・四国・九州。

関連スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)