7月中旬〜8月上旬頃現れ、8月下旬頃まで聞くことができる北海道から九州までいる大型の美しいセミ。大きさはエゾゼミとほぼ同等。分布は広いが局所的。渓谷の近くの落葉広葉樹林にみられることが多い。エゾゼミ、コエゾゼミ、キュウシュウエゾゼミに似るが、体の色彩の赤み(オレンジ色)が強く、はっきりと異なる。腹弁は短く左右が重なり 腹部は硬質。腹部腹面は淡赤褐色。前胸背はオレンジ色で、中胸背の間の縁取りはコエゾゼミやキュウシュウエゾゼミよりも濃いオレンジ色で、通常左右で切断されておらず前胸背を取り囲む形になっている。中胸背は黒地にオレンジ色のW紋で美しい。前翅の褐色の斑紋もエゾゼミよりも色が薄い。
鳴き声は「ギーー」などと書くと他のエゾゼミ属のセミと区別がつかないが、「ビーーン」という高い音を含むことで慣れれば聞き分けられる。ただし、コエゾゼミと似ているので注意が必要。他のエゾゼミ属のセミよりも顕著に鳴き移りをして、広葉樹の枝先の葉にぶら下がるようにとまり鳴く。間奏、終奏に「ギッ,ギッ,ギッ,ギッ」という断続音を入れることがあるのは他のエゾゼミ属のセミと同じだが、他種に比べ頻度は少ない。特に鳴き移りをしているときには入れない。

関連スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)