『文豪とアルケミスト(文アル)』攻略!「横光利一」のステータスやキャラ詳細情報をまとめています。

image743790

横光利一
※ステータスは初期値と()内に最大値を記入予定
No.29 横光利一
CV:羽多野渉
image748914
レア
派閥新感覚派
武器
精神普通
ステータス
攻撃141()防御141()
回避11()技術49()
天才47()44()
主題48()真実46()

代表作
日輪、蠅、機械

キャラ紹介
かつて「文学の神様」と呼ばれた文豪。
その二つ名に相応しい真面目でストイックな性分で、
新しい文学を追求し続けることに余念がない。
盟友である川端康成のことは、言葉を聞かずとも
その目を見るだけで理解してしまう特技を持つ。
無機物を擬人化させたような不思議な表現をする癖がある。

回想
有碍書文豪発生
ろ「蝿」堀辰雄戦闘前

ドロップ
・い「歌のわかれ」
・ろ「蝿」

有魂書
洋墨時間
400
100
50
00:30:00

おすすめレシピ
文豪洋墨

レシピ一覧はこちら

人物詳細
1898年3月17日-1947年12月30日

福島県に生まれる。
父は優秀な鉄道技師で、「鉄道の神様」と呼ばれていた。
13歳で三重県第三中学校へ入学。
柔道、水泳、陸上などスポーツ万能の少年だった。このころ夏目漱石や志賀直哉を読んでいた。
国語教師に文才を認められ、小説家を志望するようになる。
1916年3月校友会会報に「夜の翅」「第五学年修学旅行記」を掲載した。
同年、早稲田大学高等予科文化に入学。
文芸雑誌に小説を投稿し始める。

1920年、佐藤一英が菊池寛に横光を紹介し、生涯師事することになる。
菊池寛の家で川端康成と出会い、二人は終生の友となった。
1923年、「蝿」や「日輪」を発表。
1930年に「機械」を発表。日本のモダニズム文学の頂点とも絶賛される。
「文学の神様」と称された。

※参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/横光利一


関連スレッド

【文豪とアルケミスト】フレンド募集スレッド
【文豪とアルケミスト】質問スレッド
【文豪とアルケミスト】雑談スレッド

この裏技・攻略を…

ツイートする

この裏技・攻略が…

役に立った(1人) 立たなかった

100% (評価人数:1人)